NEWS新着情報

2019.06.07

【卓球】石川、伊藤らが初戦を突破。佐藤瞳は中国選手をフルゲームで下す<香港OP>

石川佳純 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・香港オープン<6月4~9日/香港>大会3日目の6月6日、女子シングルス1回戦が行われ、石川佳純(全農/世界ランク6位)、伊藤美誠(スターツ/同7位)らが順当に2回戦進出を決めた。

トップバッターの石川佳純は、カナダのジャン・モーと対戦。世界ランク29位の強敵ではあるが、序盤から格の違いを見せつけ、ストレートで勝利をおさめた。同様に、伊藤美誠、平野美宇(日本生命/同9位)、芝田沙季(ミキハウス/同13位)の3選手も危なげないプレーで完勝。

佐藤瞳 Photo:Itaru Chiba


注目は、中国選手との大接戦を制した佐藤瞳(ミキハウス/同15位)。相手の木子は、世界卓球2015蘇州で女子シングルス銅メダルを獲得しているベテランで、現在は国際大会の出場機会が減って世界ランクは240位と下がっているものの、その実力は紛れもなく世界トップクラス。

相手のパワフルなフォアドライブに押され、第1、第2ゲームを落とした佐藤。第3ゲームも1-5と離されるが、木子の強打にミスが出始め、5-5と追いつくと、シーソーゲームとなったこのゲームを12-10で奪う。続く、第4ゲーム、そして第6ゲームもとって、勝負の行方は最終第7ゲームへ。

一進一退の最終ゲームも6-6まで互角の展開となったが、ここから佐藤が真骨頂の粘り強いカットプレー、そしてバックサービスからの3球目強打などで4連続得点し、10-6とマッチポイント。最後は木子が回り込みドライブをオーバーミスして、佐藤が勝利した。

加藤美優 Photo:Itaru Chiba


一方、昨年のITTFワールドツアー・グランドファイナル女子シングルス2位の何卓佳(中国/同21位)と対戦した加藤美優(日本ペイントホールディングス/同20位)は、第1ゲームを奪ったものの、その後4ゲーム連続で奪われ1-4で敗退。初戦で姿を消した。

続く2回戦、石川、伊藤、平野の3選手は中国選手と対戦。いずれも中国の中堅選手ではあるので、しっかりと勝っておきたいところだ。


【ITTFワールドツアー・香港オープン】
<女子シングルス1回戦>
石川佳純 4-0 ジャン・ モー(カナダ)
11-5/11-5/11-8/12-10

伊藤美誠 4-0 ユー・モンユー(シンガポール)
11-5/11-4/11-7/11-7

平野美宇 4-1 マテロバ(チェコ)
11-5/11-8/5-11/11-6/11-8

佐藤瞳 4-3 木子(中国)
13-15/3-11/12-10/16-14/6-11/11-6/11-7

芝田沙季 4-0 ノスコワ(ロシア)
11-6/11-8/11-5/12-10

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事