NEWS新着情報

2019.06.08

【卓球】水谷が先輩の意地見せる!丹羽との日本人対決を制しベスト8進出。次戦は張本と激突<香港OP>

水谷隼 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・香港オープン<6月4~9日/香港>大会4日目の6月7日、男子シングルス2回戦が行われ、水谷隼(木下グループ/世界ランク14位)対丹羽孝希(スヴェンソン/同13位)の日本人対決を、水谷が4-2で制して準々決勝進出を決めた。

【動画】可愛すぎる 女子日本代表ユニフォーム撮影「かすみみまみう」

水谷対丹羽の一戦、鍵となったのはゲームカウント2-0の丹羽リードで迎えた第3ゲーム。第1、第2ゲームは丹羽のサービスに対応できていなかった水谷だったが、第3ゲームは自らのYGサービスからの展開で試合を有利に進めて、中盤で5本連取し、9-5とリード。ここから丹羽が連続得点で追いつき、10-10となるが、水谷が12-10で逃げ切った。このゲームを落として0-3となったら水谷としてはかなり厳しかったが、第3ゲームを奪ったことで完全に流れを掴み、そのまま3ゲームを連取し、4-2で勝利した。

「いつもと丹羽が作戦を変えてきて、そこに対応するのに時間がかかりました。いつもだったら横回転系のサービス中心なんですけど、今日は縦回転系しか出してこなかったので。それが自分にとってもやりづらかった」と勝った水谷。

一方の丹羽は「作戦としてはサービスを切らずに出して、向こうのレシーブを単純化させて、そこから勝負しようと思っていた。出だし、1、2ゲーム目はすごく良くて、3ゲーム目がジュースになった時にあそこで取り切れなかったことが響いて、最後は準備が足りずに、同じことばっかりやってしまった」と敗戦の弁。

また、張本智和(木下グループ/同4位)は、リオ五輪ベスト8のアルナ(ナイジェリア/同23位)にストレートで勝利。世界屈指のパワープレーを、両ハンドの早い展開で見事に攻略した。

初戦で強豪ドイツの主力、フランツィスカ(同16位)に完勝した吉村真晴(名古屋ダイハツ/同32位)は、続く2回戦ドイツの英雄・ボル(同6位)と対戦。ゲームカウント3-1と勝利まであと一歩と迫ったものの、後半に失速して逆転負けを喫した。

そして、8日の12時40分(日本時間)に開始予定の準々決勝は、張本智和vs水谷隼という日本の新旧エース対決。水谷がまたしてもベテランの意地を見せられるか、注目の一戦だ。


【ITTFワールドツアー・香港オープン】
<男子シングルス2回戦>
張本智和 4-0 アルナ(ナイジェリア)
11-7/11-8/11-9/11-8

水谷隼 4-2 丹羽孝希
4-11/9-11/12-10/11-6/11-5/11-2

吉村真晴 3-4 ボル(ドイツ)
11-7/10-12/11-7/11-9/7-11/7-11/7-11

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事