NEWS新着情報

2019.06.10

勝ちを意識し敗れた張本「ほんの1%考えてしまっただけで穴になる」メンタルの足りなさを痛感<香港OP>

張本智和 写真:Osports Photos/アフロ


ITTFワールドツアー・香港オープン<6月4~9日/香港> 優勝まであと一歩と迫った張本智和(木下グループ/世界ランク4位)だったが、中国の林高遠(同2位)に決勝で敗れ、悔しい準優勝。

ゲームカウント2-2となってからの5ゲーム目、中盤までリードするも終盤で逆転され、失った流れを引き戻すことができなかった。


張本智和 試合後コメント

「1ゲーム目、相手が思った以上に対策してきて、昨日の選手よりも2倍、3倍威力のあるボールで対応できなかった。3ゲーム目はサーブ、レシーブを意識して、2ゲームを取り返すことができたのですが、4ゲーム目は相手の戦術の変更に自分が追いつけなかった。

5ゲーム目もずっと自分のペースで進んでいて、8-6でリードしているところで、弱気にフォアでレシーブしてしまい、5ゲーム目を取りきれなかった。

8-6の時にこのゲームを取れば優勝に近づくと、そういうことは考えずに試合に臨もうと思っていたのですが、決勝という舞台も久しぶりなので、どうしても優勝がちらついてしまって、それが少しプレーに出てしまった。

昨日まではひたすら一戦一戦という気持ちで戦えていたのですが、今日は少しリードしたところで、ほんの1%考えてしまっただけでも中国選手にはそれが穴となってしまう。まだまだメンタルも技術も足りないなと。

ただし、スタートが悪くても自力で2-1でリードできたのは、自分もまだまだ成長している証。これからは相手が作戦を変えてきても、それをもう一回打ち負かせられるような実力が必要だなと思いました。

(中国OPと香港OPで)3位、2位というのは安定感がついている証拠だと思うのですが、安定感がついた分、爆発力が最後少し足りなかった。今までは勝負強さだけでプレーしてきて、今は安定感が少しついて、ジャパンOPからはその2つを同時に出せるように、また練習を頑張っていきたい」

念願の優勝は果たせなかったが、この2大会で世界ランク4位の実力を遺憾無く発揮した張本。一つ一つの技術はもちろんのこと、戦術の幅や切り替えなど試合運びの面でも着実な成長が見られている。

そして6月12日からは、いよいよジャパンOPがスタートする。昨年は中国勢を連破して、衝撃的な優勝を成し遂げたが、今年はさらなる成長の証を日本のファンの前で見せられるだろうか。

  • 1

この記事を共有する

関連ワード

最新記事