NEWS新着情報

2019.06.16

【卓球】水谷隼 世界卓球銅メダリストに2ゲーム先取も逆転負け<ジャパンOP>

水谷隼 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・ジャパンオープン<6月12~16日/札幌>大会3日目の6月14日、男子シングルス2回戦で、水谷隼(木下グループ/世界ランク14位)が世界卓球2019男子シングルス銅メダリストの梁靖崑(中国/同7位)と対戦した。

2018ワールドツアーグランドファイナルでは水谷が勝利しており、その「相性のよさ」もあってか、序盤からサーブで崩して強烈かつ広角なフォアハンドを主体に得点する水谷。梁に持ち前の豪腕ドライブとブロックの調子を上げさせず、第1、2ゲームを先取する。

第3ゲームは一転、梁が攻める。水谷はフットワークを生かしてのラリー戦や、サーブなどで応戦して8-8へ追いつくも、梁に突然のロングサーブを打たれて失点し、そこから崩れてゲームカウントを返され2-1に。

梁靖崑 Photo:Itaru Chiba


その後も梁は強打者としての本領を発揮し、水谷のブロックを弾き飛ばす豪打で次々と得点。対する水谷はコースを突くバックハンドで相手のミドルやバックへ打球し食い下がるも、最後は梁にバックで振り回されてゲームカウント2-2のタイへ持ち込まれる。

第5ゲームも梁の両ハンドの豪打が炸裂。水谷もループドライブなどで崩して肉薄するも、高く上がったボールをミスするなど「あと1本」が入らず、2-3と追い詰められる。第6ゲームは豪打に加え「打っても打っても返ってくる」ほどのラリー力を見せつけられた水谷は、最後はバックブロックが弾き飛ばされて敗れた。第1、2ゲームまでの流れはよかったが、そこからは梁を前に水谷が崩れてリベンジを許した。

【ITTFワールドツアー・ジャパンオープン】
<男子シングルス2回戦>
水谷隼 2-4 梁靖崑
11-3/11-4/8-11/14-16/10-12/5-11


  • 1

この記事を共有する

関連ワード

最新記事