NEWS新着情報

2019.06.16

【卓球】張本・早田ペアが世界1位&女王の中国ペアに快勝!決勝進出<ジャパンOP>

張本智和/早田ひな Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・ジャパンオープン<6月12~16日/札幌>大会4日目の6月15日、混合ダブルス準決勝で、張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)が中国の樊振東/丁寧と対戦した。

相手は現世界ランク1位の樊振東と世界卓球シングルスを3度制した丁寧という、混合ダブルスが正式種目となった東京オリンピックへの本気度がうかがえるペアだ。

序盤から日本ペアが台上からの展開を利して優位に立つ。早田の逆チキータが丁寧のレシーブを泳がせ、さらに張本がバックハンドで一発で決めるシーンもあり、大きなラリーでも打ち負けず1ゲーム目を先制。第2ゲームも日本ペアの勢いは衰えず、ラリーになる前のサーブレシーブで得点を重ねる。

しかし丁寧に横回転系のサーブでエースを取られ、樊に得意のチキータを決められるなど、徐々にエンジンのかかってきた中国ペアに猛追を受けるも、タイムアウト明けに仕掛けた早田のロングサーブが決まりゲームカウント2-0に。

第3ゲームは張本が輝く。カウンターの「はりパンチ」など、彼の鋭い攻撃が決定打となるシーンが多く見られ、大きく見ごたえのあるラリーも制して終始リードする展開になるが、徐々に日本ペアのあと1本が入らないシーンが増え、最後は樊に電光石火の高速バックハンドをクロスへ決められ1ゲームを返される。

張本智和/早田ひな Photo:Itaru Chiba


だが第4ゲームも日本ペアは気落ちしない。張本がチキータやフォアフリックなど台上技術を見せ、さらに早田のストレートへのフォアドライブも炸裂しリードを奪う。

しかし樊に的確にコースを突く鋭いフォアドライブを決められるなどで9-9の同点に追いつかれるも、ここで長いラリーを制し、次のポイントも連取した日本ペアが勝負を決めた。決め球の強さ、台上技術の巧みさ。中国の強力ペアをもろともしない日本ペアの強さが際立つ一戦だった。

【ITTFワールドツアー・ジャパンオープン】
<混合ダブルス準決勝>
張本智和/早田ひな 3-1 樊振東/丁寧(中国)
11-7/11-9/13-15/11-9

  • 1

この記事を共有する

関連ワード

最新記事