NEWS新着情報

2019.06.16

【卓球】平野美宇 リオ金女王撃破の佐藤瞳を完封してベスト4進出!<ジャパンOP>

平野美宇 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・ジャパンオープン<6月12~16日/札幌>大会4日目の6月15日、女子シングルス準々決勝で、平野美宇(日本生命/世界ランク9位)が佐藤瞳(ミキハウス/同15位)と対戦した。

世界卓球シングルス3度の優勝、リオデジャネイロ五輪シングルス金メダリストの女王・丁寧を2回戦で破り、勢いに乗る佐藤瞳は北海道出身。地元の歓声を味方につけられるか。

序盤から佐藤の投げ上げのバックサーブがよく効き、サービスエースを連発。対する平野はロングカットで粘られる前に、早い段階で強ドライブを繰り出し点を取っていく。女子のドライブマン対カットマンの戦いでは珍しく、ラリーが続かない緊張感のある展開になったが、最後はループドライブで浮かせた球をスマッシュで仕留めた平野が1ゲーム先取。

第2ゲームはまずツッツキで前へ詰めさせて、そこからの強いドライブで決める、前後にゆさぶる攻めで優位に立つ平野。さらに要所ではカットマンの泣き所・ミドルへの攻撃を突き刺すなど、カット打ちにミスが出ない平野が連取。

水谷隼 Photo:Itaru Chiba


第3ゲームはこれまで守備一辺倒だった佐藤がスマッシュを見せるなど反撃に転じるが、ゆるいボールも織り交ぜつつ、ときに厳しいコースへ強打を打つ平野が点を重ねる。ライジングのスマッシュにもミスはなく、あっという間に3-0に。

その後も終始厳しいコースへ決まる強烈な平野のフォアドライブとスマッシュに手を焼いた佐藤瞳。必死の粘りで最後の抵抗を見せて8-8にまで持ち込むも、ほぼ完璧とも言える平野のカット打ちを前に、佐藤は押し切られた。

とにかく平野美宇のカット打ちのすばらしさばかりが目につく一戦だった。ベスト4へ駒を進めた平野は、世界卓球2019シングルス覇者で世界ランク2位の劉詩ブン(中国)と対戦する。

【ITTFワールドツアー・ジャパンオープン】
<女子シングルス準々決勝>
平野美宇 4-0 佐藤瞳
12-10/11-6/11-5/11-8

  • 1

この記事を共有する

関連ワード