NEWS新着情報

2019.06.16

【卓球】張本・早田「はりひな」ペアが混合ダブルス準優勝<ジャパンOP>

張本智和/早田ひなペア Photo:Itaru Chiba


 日本勢の上位陣が軒並み戦線離脱したITTFワールドツアー・プラチナ「LION卓球ジャパンオープン荻村杯札幌大会」(6月12~16日/北海道立総合体育センター)で15日、張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)の混合ダブルスペアが気を吐いた。

朝一番に行われた準決勝で男子世界ランク1位の樊振東とリオ五輪女子シングルス金メダリストの丁寧ペア(中国)にゲームカウント4-1で圧勝。続く決勝ではダブルス巧者の許キン/朱雨玲ペア(中国)にストレートで敗れたものの、序盤は互角の勝負を繰り広げるなどポテンシャルの高さを見せ、ペア結成2大会目にして準優勝を果たした。

張本智和/早田ひなペア Photo:Itaru Chiba


「はりひな」ペアが相性の良さをアピール

 張本/早田ペアの決勝第1ゲーム。1点をめぐる攻防の末、10-10からこのゲームを落としたことが結果的に勝敗を分ける形となった。結成間もない張本/早田ペアと初対戦した許キンは「1ゲーム目を取ったことで自分たちに流れを持ってこられた」と話し、朱雨玲も「10-10になった時はボールが来たらとにかく打ち返すことだけに集中した」と、この場面が大事な局面であったことを指摘している。

 一方、第2ゲーム以降、徐々に離されていった張本と早田は、初ペアを組んだ先週の香港オープンよりも確実にコンビネーションが良くなってきており、早田が「自分でもびっくりするくらい動けた」と話しているが、何しろ許キンのペンドライブへの対応が難題中の難題。

「ものすごい回転をかけているので、ボールのバウンドが高く全然対応できなかった。上手く対応できるようにならないとミックスダブルスで中国人に勝つ、許キンペアに勝つことは難しい」と今後の課題に許キン対策を挙げた。

 だが収穫も大きかった。早田の男子並みのフォアハンドドライブや多彩なサーブ・レシーブで樊振東や許キンからポイントを奪う場面もあり、張本は「(早田は)サーブの種類がたくさんあって、準決勝の2ゲーム目もタイムアウト明けにサービスエースを取ってくれた。レシーブも逆チキータとか自分にはない技術がたくさんある。男子選手のボールに対しても互角に打ち合えるので本当に頼りになるパートナー」と賛辞を贈る。

これを受け早田も「男子選手には少ない打点の早さでバックハンドのクロスはどの選手よりも抜ける。ここに返球すれば大丈夫という時があるので、そこにボールを集めて張本くんのバックハンドを生かしたい」と互いにダブルスの相性の良さをアピールした。

(文=高樹ミナ)

  • 1

この記事を共有する

関連ワード

最新記事