NEWS新着情報

2019.06.16

平野美宇「冷静にいい判断ができた」準決勝進出。日本勢で唯一 最終日へ<ジャパンOP>

平野美宇 Photo:Itaru Chiba


 日本勢の上位陣が軒並み戦線離脱したITTFワールドツアー・プラチナ「LION卓球ジャパンオープン荻村杯札幌大会」(6月12~16日/北海道立総合体育センター)女子シングルスで平野美宇(日本生命)が佐藤瞳(ミキハウス)と準々決勝で対戦。

前日の2回戦でリオ五輪女子シングルス金メダリストの丁寧(中国)を倒し勢いに乗る佐藤にストレートで完勝した平野が準決勝へ駒を進めた。大会最終日に行われる準決勝では世界卓球2019ハンガリー女子シングルス金メダリストの劉詩ブン(中国)と激突する。


平野は劉詩ブンに待望の初勝利なるか!?

 日本勢で唯一、最終日まで勝ち残った平野は好調をキープしており表情が明るい。試合での動きもスムーズかつ豪快で、コートに立つ姿は実際よりもひと回り大きく見えるくらいだ。佐藤のカットに付き合うことなく得意の両ハンドドライブ、特に今日はフォアハンドドライブやスマッシュの威力、そして打点の早さを生かしたスピード卓球でストレート勝ちを収めた。

佐藤瞳 Photo:Itaru Chiba


敗退した佐藤は「パワーとタイミングの速さに圧倒されて、本当に何もできない押されっぱなしの試合になってしまった。中国人選手とはまた違うボールの威力があった」と平野と戦った感想を話している。

これに対し平野はこう試合を振り返った。

「(ゲームの組み立てが)単調にならないよう気をつけた。前に揺さぶったり後ろに揺さぶったりすることで速いボールが効いてくる。今日は日本人同士の対戦でベンチコーチがいない中、昨日以上に自分で考えることが大事だったが、冷静にいい判断ができたと思う。1ゲーム目をリードされながら取ったことで心に余裕ができた。いろいろな戦術を実行することで試合をコントロールできて良かった」

 準決勝の相手は新世界女王の劉詩ブン。丁寧、陳夢、朱雨玲といった中国のトップ選手を破ったこともある平野だが、劉詩ブンにだけはまだ勝ち星がない。母国開催のジャパンオープンで待望の初勝利を挙げることができるか!? 大会最終日も見逃せない。

(文=高樹ミナ)

  • 1

この記事を共有する

関連ワード