NEWS新着情報

2019.07.02

伊藤美誠 水谷隼との初ペアに「すごく合っていて、試合するのが楽しみ」3連戦へ意欲


卓球女子日本代表の伊藤美誠(スターツ)がITTFワールドツアー・韓国オープン<7月2日~9日 プサン>、プラチナ・オーストラリアオープン<7月9日~14日 ジーロング>、T2ダイヤモンド<7月18日~21日 ジョホールバル(マレーシア)>の3連戦に向けて成田空港から出発。出発前に取材に応じた。


伊藤美誠 コメント―

Q.いつもより出国が早いように感じますが

韓国だから近いんですけど、行った日に練習しない派なので、今日は休んで。明日試合会場で練習できるようにということで今日早めに行かせてもらいました。あとミックス(混合ダブルス)も予選があるので、それで試合会場でやりたいなと。

Q.今回水谷選手とのミックスもありますが

2日間練習させてもらって、初めて組ませてもらったんですけど、1回目練習した時に本当に初めて組んだのかなと思うぐらい、すごく合っていて、試合するのが楽しみで本当に試合に早くなってほしいなって思っています。

Q.3連戦への気持ち

前の3大会はいろんな思いをした3大会でしたし、たくさん反省点というか得るものがたくさんあって、コーチとも話し合いとかもして、もっともっと良くするためには気持ちの部分、精神的な部分でもっとカバーしていかないと上にはいけないと思いました。

今回の練習ではそういうところも意識して、なるべく練習を楽しんでやることもできましたし、試合の中でも精神的な部分で負けないように、どの選手にも勝てるようにしていけたら、そうすると自由に自分らしさっていうのが出せると思うので、今回の3大会は前の3大会よりも自信があるので、1試合1試合しっかり勝ちにこだわって、やっていけたらいいなと思います。

Q.3大会のテーマ

自分自身を試合の時に追い込まないこと。自分を自由にさせてあげることをテーマに。そうすると勝手に楽しくもなるし、自由に自分らしさも出せて、いいところも出せると思うので。

Q.ジャパンオープンの後はどういう気持ちだったか

落ち込んでしまうと、その後の練習もよくなくなってしまう。よくない時にどうやって自分を保つことができるか、さらに自分をもっともっと良くするかていうことすごく考えました。難しい事だけど、練習ではすごく意識してできるようになったので、前よりも試合をするのが楽しみなので今回の3連戦が楽しみです。

Q.自分らしさが出せない時、気持ち的に落ち込んでしまったというのが反省?

前の3大会はそれが多かったので、今回は自分らしさっていうのをさせないように相手はしてくるけど、その時でもどうやったら今持っているものを出し切れるかということを冷静に考えて、気持ちの部分でしっかり保てるように、そして勝つ、楽しむとうことを忘れないでそれを忘れずにやっていきたい

Q.今回の3連戦の方が自信があるというのは

精神的にですね。これだけ練習もややってきましたし、さらに前回の3大会に臨む前の練習とは違って、自分の中でレベルの高い練習ができた。少しは成長できたと思うので、卓球の部分も精神的な部分も、楽しみな部分は前の大会より大きいかなと思います。後は自信がありますね。目の前の1試合が大事になってきますし、1大会1大会というか、その3週間を、3大会を1大会としてしっかり見ていけるように。それが今回の目標でもあります。

Q.代表争いという面では

この3大会でガラッといろんな意味で変わると思いますし、今回T2も含めて出させてもらうので、ワクワクというか。まずは韓国オープンなんですけど、1日を大切に1ポイント1ポイントを大切にしたいなって思います。1ポイントを取ること。1ゲームを取ること。そして勝つことっていうのをしっかり強い気持ちで持っていけたらいいかなと。

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事