NEWS新着情報

2019.07.04

【卓球】水谷隼、調子上がらずにスウェーデン選手に敗北。初戦で姿を消す<韓国OP>

水谷隼 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・韓国オープン<7月2~7日/プサン> 大会4日目の7月4日、男子シングルス1回戦が行われ、水谷隼(木下グループ/世界ランク13位)がカールソン(同29位)に敗れて、初戦敗退となった。

スウェーデンの主力で豪快なフォアドライブが武器のサウスポー、カールソンと対戦した水谷。相手の強打を防ぐために台上とバックサイドにボールを集めた水谷だったが、肝心の台上プレーでミスが出て、第1ゲームを落とす。

第2、第3ゲームは立て直してゲームを奪い返すも、この日の水谷はなかなか調子が上がらない。得意のラリーやブロックでミスが出てしまい、第4、第5ゲームを奪われる。後がなくなった第6ゲームも、1-4とリードを許し、そこでタイムアウトを取るが流れは変わらず。最後まで本来のキレのあるプレーが戻らなかった水谷は、2-4で敗退した。

神巧也 Photo:Itaru Chiba


また、予選で松平健太(ファースト/同55位)を下して本戦に駒を進めた神巧也(T.T彩たま/同143位)は、世界卓球男子シングルス3連覇の馬龍(中国/同5位)と対戦。第1ゲーム、相手のバックサイドを突いてからの回り込みフォアドライブで先手をうって、6-2とリードを奪ったものの、ここから追いつかれてゲームを落とす。

その後もパワフルな両ハンドで見応えのある打撃戦を繰り広げたが、安定性と戦術の巧さに勝る世界王者からゲームを奪うことはできずストレートで敗れた。

【ITTFワールドツアー・韓国オープン】
<男子シングルス1回戦>
水谷隼 2-4 カールソン(スウェーデン)
9-11/11-9/11-3/8-11/5-11/7-11

神巧也 0-4 馬龍(中国)
11-13/6-11/7-11/6-11

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード