NEWS新着情報

2019.07.05

【卓球】平野美宇 世界ランク1位の陳夢に惜敗 ベスト16で姿を消す<韓国OP>

平野美宇 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・韓国オープン<7月2~7日/プサン> 大会4日目の7月5日、女子シングルス2回戦が行われ、平野美宇(日本生命/世界ランク9位)が世界卓球2019シングルス銀メダルの陳夢(中国/同1位)に挑んだ。

近年中国勢でもっとも安定した実力を見せる一人の陳夢と平野との試合は序盤、短いラリー回数で得点が入る緊張感のある展開に。しかし台上プレーで徐々に上回った陳夢がジリジリ突き放し、ときにロングサーブで待ちも外された平野は1ゲーム目を奪われる。

2ゲーム目、平野は打ち合いで後手を踏む。リーチが長く、強烈なボールを繰り返し放つ陳夢を前にミスが先に出てしまう。平野はようやくバックで持ち上げた球を、待ってましたとばかりにフォアドライブ強打を許し、サイドスピン性レシーブにミスが出るなど、苦しい展開のままこのゲームも失う。

陳夢 Photo:Itaru Chiba


第3ゲームは平野が持ち前のピッチの早いドライブ攻撃を武器に、中盤まで互角に競り合うも、威力と正確性で一枚勝る陳夢がやがて抜け出してゲームカウントは0-3に。

後のなくなった平野は、開き直ったかのように思い切りのいいタイミングの早いドライブでリードを奪う。同点に追いつかれたあともミドル攻撃も交えたドライブの連打で粘り強く攻め、第4ゲームを返す。第5ゲームも先にドライブで攻める平野が、陳夢を圧倒するような理想的な展開に。さらには長めのツッツキレシーブも効き、難なく平野が連取して2-3とする。

第6ゲームも平野の勢いは止まらず、ライジングを捉えるバックハンドドライブで振り回せば、巻き込みサーブでエースを繰り返し奪うシーンも。しかし平野のチキータをフォアで回り込み強打を放つなど、徐々にその流れを止めた陳夢がゲーム中盤で逆転。その後も厳しいコースへのドライブ攻撃を繰り返し浴びせた陳夢が、平野の挑戦を退けた。

平野は2ゲームを返す健闘も見せたが、世界ランキング1位の力が一枚上手だった。

【ITTFワールドツアー・韓国オープン】
<女子シングルス2回戦>
平野美宇 2-4 陳夢(中国)
5-11/3-11/7-11/11-7/11-4/8-11

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事