NEWS新着情報

2019.07.06

【卓球】石川佳純 中国最強18歳に激闘の末 敗れる<韓国OP>

石川佳純 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・韓国オープン<7月2~7日/プサン> 大会5日目の7月6日、女子シングルス準々決勝が行われ、石川佳純(全農/世界ランク6位)が孫穎莎(中国/同11位)と対戦した。

中国10代選手の中でも最強格とされる18歳の孫に対して最近は分が悪い石川だが、昨年の韓国オープンでは4-1で勝利しており、ゲンのいい舞台で再び勝ちをめざす。

第1ゲームは石川が前陣での打ち合いによく対応し、互角の打ち合いを展開する。サウスポーの石川が右利きの孫のバックをフォアハンドで攻めれば、孫はバックハンドで石川の空いたフォアを一発で抜く。バックハンドのミスも少ない石川は10-10のゲームオールに突入したあとの2本をバックで取って先制する。

次のゲームも振れば入るような調子のよさを見せる石川が6-2とリードしたが、孫の要所でフォアを突くコース取りが冴え渡り、追いつかれる。しかし鋭いフォアフリックもどんどん決める石川は孫を振り切って、第2ゲームも奪った。

石川佳純 Photo:Itaru Chiba


しかし小柄な体からとてつもないパワーボールを放つ孫に、第3ゲームは序盤から終始押し込まれて一気に0-6に。しかし石川も粘り、8-10まで追い上げたところで中国ベンチがタイムアウト。次の得点を孫が取って1ゲームを返される。

第4ゲームはドライブの当たりのいい石川と、孫の一進一退の攻防が展開される。ときおりロングサーブを出し、お互いがミドルを攻め、さらには一級品のパワーボールが行き交う長いラリーにも突入。しかし9-9からフォアに短く落とすストップレシーブを決め、次のラリーも制した石川がゲームカウントを3-1とした。

次のゲームは一転、すさまじいフォアドライブを連発した孫が抜け出す。サーブミスも重なって流れを止められた石川を尻目に、フォアを一発で抜くシュートドライブで会場をどよめかせた孫が、もう1ゲームを返す。ここから流れをものにした孫は、「孫のバックVS石川のフォア」の打ち合いで上回るシーンも増え、さらに豪快なフォアハンドをコースに打ち分けて一気にゲームカウントを3-3とする。

運命の最終ゲーム。1点取るごとに声をあげながら、粘り強くミスのない卓球で得点を積み重ねる石川に、孫がサイドを切るバックハンドで4-3と一点差まで詰め寄ったところで石川がタイムアウト。

その後の孫は石川の届かないコースへドライブを決めたあとは、きっちりミドルを攻めて得点する抜け目のなさ。フォアストレートの強打でノータッチエースを連発する彼女を前に、石川はフットワークも使って必死にボールを追い肉薄していく。

9-9と追いついた石川は下回転サーブで孫のレシーブをネットにかけ、ゲームオール突入後も身上のフォアクロスへの強烈なフォアドライブを決めて得点する。

しかしそれでも孫は強かった。「決まった」と思われるボールも返球され、最後は得意のフォアがオーバーし、11-13でゲームを落として石川は敗れた。

石川佳純 Photo:Itaru Chiba


すばらしい当たりを見せた石川だったが、好調の実力者さえ退ける孫の末恐ろしさ。18歳の彼女が近い将来、女王へとのぼりつめるシーンを見るのも近いかもしれない。

【ITTFワールドツアー・韓国オープン】
<女子シングルス準々決勝>
石川佳純 3-4 孫穎莎(中国)
12-10/11-8/8-11/11-9/3-11/6-11/11-13

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事