NEWS新着情報

2019.07.06

【卓球】伊藤美誠 中国次期エース候補の王に完敗。ベスト8敗退<韓国OP>

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・韓国オープン<7月2~7日/プサン> 大会5日目の7月6日、女子シングルス準々決勝が行われ、伊藤美誠(スターツ/世界ランク7位)が王曼イク(中国/同5位)と対戦した。

176cmの長身から強烈な両ハンドドライブを放つ王は中国若手のエース格とも言われ、伊藤は2018年ジャパンオープン以来の勝利を飾りたいところだ。

第1ゲーム前半は伊藤がサーブレシーブからの台上技術で優位に立ってリードする。しかし徐々にそれに対応した王がパワーのあるレシーブで対抗し、逆転される。途中伊藤はサイドスピン性のレシーブを連発して打開を図るも、落ち着いて返され先制を許す。

第2ゲームの伊藤は思い切って長めのサーブを何度も出し、勝負どころでは回り込んでのフォアドライブレシーブをたたき込んで得点する。だが打つだけでなく長いツッツキなども効果的に使う王を前に、伊藤は決め球のミスも相次いで流れに乗れないままこのゲームも落とす。

王曼イク Photo:Itaru Chiba


第3ゲームはリズムを変えるべく、投げ上げサーブを試すも流れをつかむには至らず。ラリーになっても王の強烈なドライブを浴びせられる苦しい展開になり、ロングサーブも効果的に使われて泳がされたまま伊藤はゲームカウント0-3と追い詰められる。

第4ゲームも王のペース。今日は伊藤得意のフラット打法にややミスが目立ち、たとえ入ってもことごとく返球された。トリッキーなカット性のボールも見せて打開を図るも、気持ちの立て直しすらできないまま伊藤は敗れた。終始自分の流れを作ることができなかった伊藤。全日本女王に全くスキを与えなかった王の見事な試合ぶりが皮肉にも目立つ一戦だった。


  • 1

この記事を共有する

関連ワード

最新記事