NEWS新着情報

2019.07.11

水谷・伊藤ペアにミックスダブルス初優勝のチャンス到来か!?/オーストラリアOP みどころ

水谷隼/伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba


 冬の南半球が舞台のITTFワールドツアー・プラチナ「オーストラリアオープン」<7月9日~14日/ジーロング>は11日から本戦に入り、男女シングルスおよびダブルス、ミックスダブルスの5種目で決勝トーナメント1回戦が始まる。

本戦を前に衝撃が走ったのは世界卓球2019ハンガリー(個人戦)女子シングルスの覇者・劉詩雯(中国)のリタイアだ。腰を痛めた劉詩雯は女子シングルスおよびダブルス、混合ダブルスを全て棄権し、すでに中国に帰国。同大会2連覇がかかっていた世界女王を残念なアクシデントが襲った。

【動画】可愛すぎる 女子日本代表ユニフォーム撮影「かすみみまみう」

 だが、これによりチャンスが舞い込んできたのは水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)ペアだ。混合ダブルス1回戦で第1シードの許昕/劉詩雯(ともに中国)と対戦するはずだった「じゅんみま」ペアは不戦勝で準々決勝に進出。このチャンスを生かし勝ち上がっていけば、先週の韓国オープン同種目1回戦で勝利した林昀儒/鄭怡静(ともに台湾)や韓国、香港勢といった強敵はいるものの、最大の難敵である中国人ペアはいないため上位進出、さらには優勝の可能性も見えてくる。ペアを組み始めてまだ2 大会目とは思えない息の合ったコンビネーションで初優勝なるかに注目だ。

 劉詩雯が消えた影響は女子シングルスで同じ山に入った伊藤、平野美宇(日本生命)、芝田沙季(ミキハウス)にも出てきそうだ。なかでも伊藤と平野はそれぞれ1回戦を勝つと2回戦で対戦するドロー。今シーズンの「みうみま」対決は6月の香港オープン準決勝であったばかりだが、この時は伊藤がゲームカウント4-2で平野を下している。

また現在、女子世界ランク6位の石川佳純(全農)、7位の伊藤、9位の平野に次ぐ15位で日本人4番手につける芝田は準々決勝まで勝ち上がると、伊藤、平野のいずれかと対戦する可能性が出てくる。芝田にとっては東京2020五輪の代表争いに絡むべく存在感をアピールする絶好の機会と言えるだろう。劉詩雯の戦線離脱でベスト4入りしやすくなった伊藤、平野、芝田のうち、この好機を生かすのは誰だ?

一方、石川は6月のジャパンオープン、先週の韓国オープンに次ぐワールドツアー3戦連続で初戦を今年の全日本選手権準優勝、14歳・木原美悠(JOCエリートアカデミー)と戦う珍しいドローとなった。

 男子シングルスは早くも1回戦に大きな見どころがある。張本智和(木下グループ)と王楚欽(中国)の同世代対決だ。2人は昨年10月のユース五輪男子シングルス決勝で対戦し、王楚欽が金メダル、張本は銀メダルで悔しい思いをした。さらに先週の韓国オープンでも2人は同種目の準々決勝であたり、王楚欽がゲームカウント4-2でまたしても勝利。張本にとってはリベンジに燃える一戦だ。ちなみに王楚欽は5月11日に19歳に、張本は6月27日に16歳になったばかりという、ともに自国の次代を担う若手のエースである。

 張本は丹羽孝希(スヴェンソン)とのペアで2大会目を迎える男子ダブルスも注目だ。初戦でいきなりフランツィスカ/ワルター(ドイツ)という手強いペアを迎え撃つが、これに勝つと準々決勝で今度は韓国のエースペアであるチョン ヨンシク/イ サンスとの対戦が濃厚。先週の韓国オープン準々決勝でも対戦しているが、軍配はゲームカウント3-1でチョン ヨンシク/イ サンスに上がった。

 今年のオーストラリアオープンは例年通り、獲得ポイントおよび賞金の高いプラチナ大会だ。しかし今年はそれに加えて、ボーナスポイントを稼げるT2ダイヤモンドの第2戦(中国・海口)の出場資格がかかっている。オーストラリアオープン終了時点で男女ワールドツアーランク上位15人と開催地枠1人の計16人(男女合わせて32人)がT2ダイヤモンド第2戦に出場できるとあって、東京2020五輪の代表レースを戦う選手たちはもちろん、それを見守るファンにとっても例年以上に見逃せない重要な大会となっている。

(文=高樹ミナ)

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事