NEWS新着情報

2019.07.11

【卓球】石川佳純、14歳の木原に力の差を見せつけ、3大会連続での完勝<オーストラリアOP>

石川佳純 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン<7月9~14日/ジーロング> 大会3日目の7月11日、女子シングルス1回戦で、石川佳純(全農/世界ランク6位)と木原美悠(JOCエリートアカデミー/同66位)が対戦した。

両者の対戦は、ジャパンOP(6/12~16)、韓国OP(7/2~7)に続く3大会連続で、前の2大会は4-0、4-1で石川が勝利をおさめている。

第1ゲーム、木原は巻き込みサービスを石川の両サイドに短く出し、ラリーでは石川のバックサイドにボールを集める作戦で中盤リードを奪う。一方、石川はバックサイドへのロングサービスを軸にした戦術で序盤にややミスが出たものの、終盤ではきっちりと強打を決めて、4-7からの逆転でゲームを奪った。

これで固さが取れた石川は、第2ゲームではレシーブから強烈なバックドライブ、台上の際どいボールをフォアドライブで打ち抜くなど、よりアグレッシブなプレーで木原を引き離す。9-4となってから4連続失点を許し、1点差にまで追いつかれるも、第2ゲームもきっちりと石川が取った。

木原美悠 Photo:Itaru Chiba


第3ゲームは、3-7で木原リードから、石川が3本連取。6-7となって木原がタイムアウトを取るが流れは変わらず、さらに石川が5本連取し、計8連続ポイントでゲーム奪取。木原は得意のバックハンドで流れを引き寄せたいが、石川の回転に押され、勝負に出た強打でのミスが続く。第1、3ゲームともに序盤のリードを生かせず、後半に失速する苦しい展開となってしまった。

第4ゲームも石川のペースで進み、結局石川がストレートで勝利。韓国OPでは石川から1ゲームを奪い、手応えを感じていた木原ではあったが、その木原に対して改めて力の差を見せつけるような戦いぶりで、石川が14歳の新鋭を振り切った。

【ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン】
<女子シングルス1回戦>
石川佳純 4-0 木原美悠
11-9/11-9/11-7/11-5/

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事