NEWS新着情報

2019.07.12

【卓球】伊藤美誠「みうみま対決」を制す!平野美宇を破ってベスト8進出<オーストラリアOP>

伊藤美誠 写真:松尾/アフロスポーツ


ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン<7月9~14日/ジーロング> 大会4日目の7月12日、女子シングルス2回戦で伊藤美誠(スターツ/世界ランク7位)が、平野美宇(日本生命/同9位)と対戦した。

永遠のライバルとも語られる2人は、国際大会では4勝4敗と互角。直近では6月の香港オープンで接戦の末に4-2で伊藤が勝ちを収めたが、1回戦で中国選手を破って波に乗る平野が逆襲するか。

2020 東京オリンピック男女日本代表候補選手選考基準

第1ゲーム序盤から、平野の強烈なフォアドライブが小柄な伊藤の両サイドを切って得点する。それに対抗したい伊藤だったが攻撃やツッツキにミスが相次ぎ、大量リードを奪った平野がまず先制する。

第2ゲームも平野の強烈な前陣ドライブ攻撃が飛び出すが、天下一品のサーブ力で2点取った伊藤はそのまま台上プレーの巧みさを見せつけて突き放し、平野得意のラリー展開に持ち込ませないままゲームカウントを1-1に戻した。

第3ゲームは白熱の展開に。平野が得意のドライブで点を奪えば、振り回された伊藤が前陣を死守して起死回生のブロックを見せる一進一退の攻防戦。だが終盤、伊藤を台から下げた平野が一歩抜けだしてこのゲームを奪取した。

平野美宇 Photo:Itaru Chiba


第4ゲームは、早めの展開で得点したい伊藤に対し、振り回して台から下げたい平野のコントラストがはっきりした展開に。しかし伊藤が得意のサーブと台上技術で崩し、強烈なバックハンドでも得点して2-2と振り出しに戻す。第5ゲームも平野の強い両ハンドドライブが火を噴く前に、伊藤がサーブで崩しての3球目攻撃や前陣ブロックを見せてこのゲームも奪い、3-2と王手をかけた。

勝負の第6ゲームも伊藤は早いテンポとサーブ力で平野を置き去りにし、バックのレシーブも冴えて突き放す。最後は伊藤の攻撃するコースを読んでのブロックも決めた平野が追い詰めるも一歩届かず、伊藤が4-2で勝利して準々決勝進出を果たした。

持ち前のサーブ力と早い段階で勝負を決める伊藤の巧みさを前に、平野はまたも屈した。これで国際試合のみうみま対決は5勝4敗、伊藤が一歩リードした。


【ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン】
<女子シングルス2回戦>
伊藤美誠 4-2 平野美宇
5-11/11-5/9-11/11-8/11-7/11-9


  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード