NEWS新着情報

2019.07.12

【卓球】石川佳純 8強!カットマン・佐藤瞳にストレート勝利<オーストラリアOP>

石川佳純 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン<7月9~14日/ジーロング> 大会4日目の7月12日、女子シングルス2回戦で石川佳純(全農/世界ランク6位)が、佐藤瞳(ミキハウス/同16位)と対戦した。

国際大会では5度対戦していずれも石川が勝利。直近の試合も昨年のこのオーストラリアオープンで石川が4-1と勝っている。カットマン佐藤は初勝利を挙げられるか。

第1ゲーム、佐藤は持ち前の粘りで石川のミスを誘い、ときには反撃も決める。しかし要所で佐藤のフォアミドルをえぐるようなドライブを見せ、ミスさせていくカット打ちの定石のような攻めで中盤から佐藤を突き放した石川がまず先制。

第2ゲームの石川もドライブで攻めてから短いボールを出して佐藤を前後にゆさぶり、相手になかなか得点パターンを作らせない。それでも佐藤は鉄壁のカットでじわじわ追い詰めるも、石川がそのフォアカットのミスを誘って再度突き放し、このゲームも奪った。

佐藤瞳 Photo:Itaru Chiba


第3ゲームはやや攻撃の頻度を強めた佐藤。小さくジャンプをしながらの独特なバックドライブも見せ、一度返球されてもあきらめずに連続攻撃を浴びせて得点。そして佐藤のしぶといカットと、石川の粘り強いカット打ちがぶつかり合う展開に。しかしやはり要所でフォアミドル攻めを繰り出す石川が、ジュースにもつれ込む中でも一歩抜け出して3-0と王手をかける。

第4ゲームも前半こそ佐藤がリードするも、粘り強くチャンスボールを待ってから強打を突き刺す石川。佐藤は広角にコースを打ち分けられ、どうしてもミスが出てしまう。それでもドライブのオーバーミスが目立ってきた石川を前にジュースに持ち込むが、最後は見事なサーブを見せた石川が第4ゲームも奪取し、終わってみればストレートで勝利した。

2度ジュースに持ち込むなど見せ場も作った佐藤だったが、冷静にチャンスボールを待ってから強打し、コース取りのうまい石川のカット打ちが一枚上手だった。

【ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン】
<女子シングルス2回戦>
石川佳純 4-0 佐藤瞳
11-6/11-6/12-10/15-13




  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード