NEWS新着情報

2019.07.13

【卓球】世界ランク1位撃破の石川佳純 中国18歳・孫穎莎の豪打に屈して準決勝敗退<オーストラリアOP>

石川佳純 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン<7月9~14日/ジーロング> 大会5日目の7月13日、女子シングルス準決勝で昨日世界ランク1位の陳夢を破った石川佳純(全農/世界ランク6位)が、中国次期エース候補の18歳・孫穎莎(中国/同11位)と対戦した。

先週の韓国オープンでフルゲームの激闘の末に敗れた孫にリベンジを果たしたい試合。しかし第1ゲームは小柄な体からパワーボールを放つ孫に、一方的に押されて先制される。

【卓球】石川佳純「信じられない」世界1位の陳夢をフルゲームで撃破!ベスト4進出<オーストラリアOP>

立て直したい第2ゲームは石川がバックハンドでチャンスを作ってフォアにつなげるパターンで5連続ポイントし、一時リードを奪う。しかし孫の猛烈なドライブをブロックで押さえきれずに逆転され、最後はサーブ2本を一発で持って行かれてこのゲームも落とす。

第3ゲームは石川が広角にコースへ打ち分けて孫を手玉に取り、サーブも冴えて得点を重ねる。しかし長いラリー戦での恐ろしい強さを持つ孫にジリジリ詰め寄られ、10-8の場面で日本ベンチがタイムアウト。

しかし孫の流れは止まらず、アンラッキーなネットインやエッジボールも重なって失点。最後はサーブミスで石川が落とし、ゲームカウント0-3と追い込まれる。

あとがない第4ゲームは横回転や長めのサーブがよく効いて出足からリード。だがフォアの決め球で石川のミスが増え、思わず両手を広げて悔やむシーンも。やがてレシーブから厳しいボールで攻める孫に逆転を許し、終盤のすさまじいパワーボールが行き交うラリー展開でも孫が競り勝って勝負を決めた。石川は二日連続の中国超えを狙ったが、今もっとも勢いを見せる孫を止めるには至らなかった。

【ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン】
<女子シングルス準決勝>
石川佳純 0-4 孫穎莎(中国)
3-11/7-11/10-12/10-12

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事