NEWS新着情報

2019.07.13

【卓球】伊藤美誠 リオ金の丁寧とフルゲームの激闘も敗れる<オーストラリアOP>

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン<7月9~14日/ジーロング> 大会5日目の7月13日、女子シングルス準決勝で伊藤美誠(スターツ/世界ランク7位)が、リオデジャネイロ五輪金メダリストの丁寧(中国/同3位)とフルゲームの激闘の末に敗れた。

国際大会では丁寧が9勝、伊藤が3勝。直近の中国オープンでは伊藤が勝っていたが、第1ゲームはサーブレシーブで後手に回った伊藤にミスが頻発。わずか3ポイントしか取れず先制される。

>2020 東京オリンピック男女日本代表候補選手選考基準<

巻き返したい第2ゲームは伊藤の前陣強打が冴え、丁寧の浮いたレシーブを一発で持っていく場面も。最後はフォア強打で丁寧のバックを狙い、1-1とゲームを振り出しに戻した。

第3ゲームはどっしりと崩れない丁寧を前に、伊藤のリスキーな攻撃がかみ合わずミスを重ねる。そのまま4ポイントで落としてゲームカウントは1-2に。

第4ゲームは小さく押さえるストップレシーブなど台上技術で優位に立った伊藤が丁寧を揺さぶり、終始リード。最後はフォアストレートをスマッシュで打ち抜いてゲームを奪う。

第5ゲームも電光石火のスマッシュ連打で得点を重ねる伊藤。しかし中盤は先にミスが出て4連続失点、7-7と追いつかれたところで日本ベンチがタイムアウト。ここから立て直して強打をしっかり入れた伊藤がこのゲームも奪取した。

第6ゲームは伊藤が攻めるパターンを失い8連続失点も重なって大量リードされるも、巻き返して6-9まで追い詰めたところで中国ベンチがタイムアウト。この後は丁寧が取り切ってフルゲームに突入。

勝負の第7ゲーム、出足から両ハンドの強打で攻める伊藤が女王を振り回す。しかしミスをしない卓球で詰め寄る丁寧に追いつかれ、最後は強打をブロックされて敗れた。

伊藤は敗れはしたものの、中国の絶対的女王相手にすがすがしいほどの熱闘を見せてくれた。

【ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン】
<女子シングルス準決勝>
伊藤美誠 3-4 丁寧(中国)
3-11/11-8/4-11/11-8/11-9/7-11/8-11

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事