NEWS新着情報

2019.07.13

【卓球】同郷ペアの水谷・伊藤、香港エースペアに敗れて準優勝<オーストラリアOP>

aflo_107372230_thm.jpg

水谷隼/伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba

ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン<7月9~14日/ジーロング> 大会5日目の7月13日、混合ダブルス決勝で水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)はダブルス世界ランク3位の香港エースペア、コウ鎮廷/杜凱キンに敗れ、惜しくも準優勝となった。

先週の韓国オープン優勝ペアに対し、第1ゲームの前半に3点リードを許した日本ペアは、台上での多彩な技術を見せて逆転。9連続ポイントを奪って一気に先制した。

第2ゲームも日本ペースで試合が進むが、中盤から香港ペアもコウのペンホルダーによる強打が本領を発揮し肉薄。ジュースに突入した競り合いはラリーで強さを発揮した香港ペアが制してゲームカウント1-1に。
第3ゲームも一進一退の展開。しかし今日大当たりのコウが強烈なボールでエースを連発し、香港ペアにこのゲームも奪われてあとがなくなる。

立て直したい第4ゲームは序盤にリードを奪うも、ラリーで崩れない強さを見せる香港ペアに追いつかれ、コウの裏面チキータで6-7と逆転されたところで日本ベンチがタイムアウト。

そこから激しいラリーの応酬も、香港ペアへの流れを止められず。最後は水谷が2つミスして終戦となった。しかし水谷・伊藤ペアは、結成2大会目にして堂々のワールドツアー準優勝。今後のさらなる熟成に期待がかかる。

【ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン】
<混合ダブルス決勝>
水谷隼/伊藤美誠 1-3 コウ鎮廷/杜凱キン(香港)
11-5/11-13/8-11/9-11

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事