NEWS新着情報

2019.07.18

【卓球】加藤美優「チャンスをつかみ取りたい」伊藤美誠をフルゲームで破り8強!<T2ダイヤモンド>

加藤美優 Photo:Itaru Chiba


T2ダイヤモンド・マレーシア大会<7月18~21日/ジョホールバル> 大会1日目の7月18日、女子シングルス1回戦で加藤美優(日本ペイントホールディングス/同22位)が伊藤美誠(スターツ/世界ランク7位)との日本人対決をフルゲームの激闘の末に制した。

国際試合の過去の対戦では伊藤が6勝、加藤が1勝。現在伊藤が6連勝中だが最後の対戦からは2年近く経っており、同世代2人の現在地をはかる貴重な一戦。

独特の緊張感がある会場ではじまった第1ゲームは、出足から台上技術で優位に立った伊藤がリードを広げる。ラリーでも速さで加藤を置き去りにした伊藤が4ポイントで先取。

第2ゲームは一転、しゃがみ込みサーブを出して打開を図った加藤が中盤からリード。ラリーでは巧みなバックハンドで伊藤のミスを誘い、浮いたボールも一発のバック強打で得点した加藤が逆に4ポイントでゲームを取り返した。

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba


第3ゲームも加藤はしゃがみ込みサーブをメインに組み立て、そこからの攻撃で押し込むが、伊藤も巧みなサーブレシーブから巻き返し、同世代の意地がぶつかり合う一進一退の展開に。しかし最後はクロスへのきわどいボールを決めた加藤がこのゲームも奪う。

第4ゲームも加藤ペース。得意のしゃがみ込みサーブとバックハンドで攻め、さらに伊藤のフォアクロス攻撃も何度もブロックで返し、このゲームも難なく奪った。

1-3とリードされた伊藤だったが、次のゲームから「24分経過後に始まったゲームはジュースなしの5ポイント制」となる、T2ダイヤモンドの特別ルールが適用される。

第5ゲームはフォアストレートへのスマッシュなどで一気に5点を取った伊藤が取り返してゲームカウント2-3に。息を吹き返した伊藤は第6ゲームもペースをにぎり、前陣での速射砲のようなバックハンドも繰り出してこのゲームも奪い、アッという間に3-3と追いついた。

勝負の第7ゲームはまた一進一退の展開に。しかし追いつかれた加藤はラリーの中でのミユータ、しゃがみ込みサーブでのエースなどを繰り出して逆にリードを奪う。サーブ力で食い下がった伊藤を最後もサービスエースで仕留め、加藤は勝利した。

オリンピック代表争いで先行する伊藤に競り勝った加藤は試合後のインタビューで、「私はけっこうむずかしい立場にいると思うんですけれども、今日みたいなあきらめないプレーでチャンスをつかみ取りたい」と語った。

【T2ダイヤモンド・マレーシア大会】
<女子シングルス1回戦>
伊藤美誠 3-4 加藤美優
11-4/4-11/10-11/4-11/5-1/5-1/4-5

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード