NEWS新着情報

2019.07.19

伊藤美誠「攻めることしか頭になかった」初戦敗退を振り返る<T2ダイヤモンド>

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba


「T2ダイヤモンド マレーシア」<7月18~21日/ジョホールバル>が18日に開幕し、男女1回戦16試合のうちの8試合を終えた。第3試合に登場した伊藤美誠(スターツ)と加藤美優(日本ペイントホールディングス)の日本人対決はT2ダイヤモンド独自の新ルールが試合展開を左右した部分が大きく、どちらに転ぶかわからない予測不能の死闘が地元マレーシアの観客を大いに沸かせた。

T2ダイヤモンド マレーシア 試合結果


先手にこだわり勝ち急いだ伊藤

実力で言えば世界ランク7位の伊藤が22位の加藤を上回っており、過去の対戦成績も国際試合では伊藤が6勝1敗と優位に立つ。だがここ2年以上、2人の対戦はなく、T2ダイヤモンドの新ルールに慣れていない環境では勝敗の行方は未知数だった。

そんな中、スタートダッシュをかけた伊藤が第1ゲームを難なく奪い、その勢いのまま第2ゲームも連取すると思われた。ところが、この第2ゲームから流れは加藤に傾いていった。この時の様子を伊藤は、「(第1ゲームの)入りはすごく良かった。出足が勝負だと思っていたので。ただ2ゲーム目から先手先手を取ろうとして(攻撃が)行き過ぎた。自分のプレーをすることよりも、攻めてポイントを取ることしか頭になかった」と振り返っている。これに対し加藤は「相手の方が少し勝ち急いでいるというか、慌てている感じがわかった」と話す。

伊藤美誠 写真:新華社/アフロ


 伊藤を焦らせた要因は何だったのか? そのひとつにはやはり新ルールの影響がある。開幕前日のインタビューで伊藤は、試合開始24分経過後のゲームに適用される5ポイント先取のプレーオフゲームを警戒し、「後がないイメージがすごく強い。1本目から勝負」と話していた。その重圧が試合本番でスタートダッシュにも、第2試合の勝ち急ぎにもつながったと言えるだろう。

一方で、ゲームカウント3-1の加藤リードで迎えた第5ゲームからは、「しっかり気持ちを切り替えられた。5点先取になってからの方が自分の卓球ができた」と言うように、伊藤の集中力には目を見張るものがあった。

加藤美優 Photo:Itaru Chiba


そして、それを上回る加藤の精神力はこれまた見事だった。特に伊藤の猛追を振り払った最終ゲーム、4-4のマッチポイントの場面。加藤は「あそこに来たら、もうメンタル勝負だった。また追いつかれて負けるのかと思っていたので、点を取った時には自分でもびっくりした。今回は自分の方が冷静にプレーできたのが良かった」と話している。

熾烈!卓球・2020 東京オリンピック男女日本代表候補選手選考基準

「(T2ダイヤモンドでは)自分より強い選手が多い。そういう選手に勝つには試合の流れもある。5点先取だったら勝てるかもしれない。いつもよりチャンスはある」と虎視眈眈の加藤は20日に行われる準々決勝で世界ランク1位の陳夢(中国)に挑む。





  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード