NEWS新着情報

2019.07.19

【卓球】張本智和「主導権を握れなかった」香港のエースに敗れて初戦敗退<T2ダイヤモンド>

張本智和 Photo:Itaru Chiba


T2ダイヤモンド・マレーシア大会<7月18~21日/ジョホールバル> 大会1日目の7月18日、男子シングルス1回戦で張本智和(木下グループ/世界ランク4位)はコウ鎮廷(香港/同18位)にゲームカウント2-4で敗れた。

過去の国際大会では張本が4連勝中も、前回の韓国オープンでは接戦となり侮れない相手だった。第1ゲームから強烈な両ハンドドライブを連発するコウに張本が押し込まれる展開。張本はカットブロックを見せて食い下がるも、最後はフォア強打で先制される。

T2ダイヤモンド マレーシア 試合結果

第2ゲームは逆に張本が得意のチキータとバックハンドで手玉に取る。コウの攻撃にオーバーミスが相次ぐのを尻目に、ゲームカウントを1-1に戻す。

第3ゲームは一進一退も、中陣からペンホルダー特有の鋭いパワーボールを放つコウが先に抜けだす。張本は前陣からの卓球で粘り強く追い詰めるが振り切られ、このゲームも奪われる。

黃 鎮廷 Photo:Itaru Chiba


巻き返したい第4ゲームも序盤で1-3とリードされたところで張本がタイムアウト。YGサーブも流れを変えるには至らず、バックの打ち合いでもコウの裏面打法に打ち負けてゲームカウント1-3と追い詰められる。ここで次のゲームから「24分経過後に始まったゲームはデュースなしの5ポイント制」となる、T2ダイヤモンド特有のルールが適用される。

逆転へ特別ルールを生かしたい張本の第5ゲームは、チキータや強化中のフォアハンドを炸裂させて1ゲームを返す。しかし第6ゲームは両ハンド攻撃に加え、フットワークを生かした連続フォアドライブなども見せたコウに屈し、張本は敗れた。敗れた張本は「相手に先に攻められて、なかなか試合の主導権を握れなかった」と語った。

【T2ダイヤモンド・マレーシア大会】
<男子シングルス1回戦>
張本智和 2-4 コウ鎮廷(香港)
9-11/11-6/10-11/5-11/5-2/3-5



  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事