NEWS新着情報

2019.07.21

加藤美優「中国人選手に勝つというのが重要。勝てる認識できた」世界ランク1位から大金星で4強入り!<T2ダイヤモンド>

加藤美優 写真:新華社/アフロ


「T2ダイヤモンド マレーシア」<7月18~21日/ジョホールバル>大会3日目の20日、日本勢で唯一、準々決勝に駒を進めた加藤美優(日本ペイントホールディングス)が世界ランク1位の中国人選手を倒す大金星を挙げた。相手は最強中国の一角、陳夢。世界ランク22位の加藤がまだ一度も勝ったことのない難敵だ。

試合は序盤から加藤のペースで進んでいった。とりわけ第1ゲームは加藤の武器であるミユータ(逆チキータ)が炸裂。これに陳夢が全くと言っていいほど対応できずミスを連発し、さらに加藤のしゃがみ込みサーブも面白いように決まって4-11で奪った。

【LIVE配信】T2ダイヤモンド 準決勝 加藤美優vs朱雨玲 7.21(SUN)13:00~ 配信

第2ゲームに入ってもミユータの効力は衰えない。しかし、さすがに陳夢がミユータ封じにロングサーブを多用し始め、ラリーでも得点を重ね始めると、互いに1ポイントを追う競り合いの展開に。だが、最後は加藤が中陣での大きなラリーからフォアドライブをお見舞いするなど思い切りのいいプレーで第2ゲームも奪った。

続く第3ゲームは陳夢の流れで取られてしまうが、第4ゲームには再び加藤のしゃがみ込みサーブとミユータが効き始め、ゲームカウントは3-1。そして第5ゲームからは試合開始24分経過後に適用される「FAST5(ファスト5)」(プレーオフゲームから改称)に入り、第5ゲームを陳夢が死守した。さらに第6ゲームも4-1で陳夢がリードし加藤はピンチに。だが、ここから怒涛の4連続ポイントで逆転に成功した加藤がゲームカウント4-2で勝ち切った。

勝利の瞬間、頭が真っ白になったという加藤。試合後のインタビューでも「(勝った時は)一瞬、信じられなくて、まだ手が震えています」と興奮気味に話した。試合を通して効果的だったサーブについては、「フォア前とバックに長いサーブをたくさん出した。今日は回転量や回転の変化もものすごくつけていった」と明かし、さらに陳夢を苦しめたミユータについても、「相手も対策してきたと思うが、その中で点が取れたのはすごく良かった」と評価した。そして、1-4にされた第6ゲーム、そこから挽回できた理由を次のように語った。

「悪い流れになっているなと思い、気持ちを切り替えた。ここ何大会か、あまりいい試合ができていなくて、それは守りに入ってしまうのが原因だとわかっていた。それは絶対ダメだと自分に言い聞かせた。1-4から3-4まで追い上げた時、相手がタイムアウトを取って、その間、ベンチの馬場美香監督からは『サーブをフォア前に出して』と言われた。その通りに出したのが良かった」

 現在20歳の加藤の世代は上に石川佳純(26=全農)というスターが、下に伊藤美誠(18=スターツ)や平野美宇(18=日本生命)ら目立つ後輩がおり、谷間のような世代といわれてきた。そのため小学6年生くらいから年の近い選手と比べられることが多かったといい、「いろんな意見が耳に入ってきて、ちょっと自信を無くしたりもした」と10代の多感な時期を振り返る。

しかしその一方で、同世代の選手が中国人選手に勝つ姿を見て、自分も勝てるようになるためには試合中、もっと前向きにならなくてはと奮い立ち、「試合を楽しみながら自分を変えてきた」と話す。

今回、T2ダイヤモンドの華やかな舞台で、しかも東京2020五輪のし烈な代表争いの最中に世界ランク1位の陳夢を破った加藤は、「中国人選手に勝つというのが重要。自分でも勝てるというのを認識できた」と自信を深めた様子。大会最終日の21日に行われる準決勝では世界ランク4位の朱雨玲(中国)と戦う。

(文=高樹ミナ)


  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事