NEWS新着情報

2019.07.21

【卓球】加藤美優、連続金星ならず朱雨玲にストレート負けで3位決定戦へ<T2ダイヤモンド>

加藤美優 Photo:Itaru Chiba


T2ダイヤモンド・マレーシア大会<7月18~21日/ジョホールバル> 大会最終日の7月21日、女子シングルス準決勝で前日世界ランク1位の陳夢を破った加藤美優(日本ペイントホールディングス/世界ランク22位)が、同4位の朱雨玲(中国)と対戦し、ストレート負けを喫した。

過去の国際試合の対戦成績では朱の4戦4勝だが、伊藤・陳と実力者を連破して勢いづく加藤の初勝利が期待された一戦。

【LIVE配信】T2ダイヤモンド マレーシア 7月18日(木)~21日(日)開催!

第1ゲームは朱に回り込みフォアドライブを連発で決められる苦しい展開。ミユータ(逆チキータ)をミスするなど、レシーブに苦しんだ加藤は先制を許す。第2ゲームからは「トマホーク」の異名もあるしゃがみ込みサーブで打開を図る加藤。しかし無難にツッツキで返球してラリーに持ち込む朱を崩せず、3ポイントしか取れずにこのゲームも落とす。

第3ゲームは加藤のバックハンドが生きる展開でリードを奪ったが、ミスのない卓球で詰め寄った朱に4-5と逆転されたところで日本ベンチがタイムアウト。それでも流れは止まらず、バックハンドで突然フォアを突く朱の厳しいコース取りに苦しみこのゲームも奪われ、あとが無くなる。

T2ダイヤモンド マレーシア 試合結果

第4ゲームも加藤はなかなかミユータ(逆チキータ)も繰り出せないまま防戦。バックの打ち合いでも差し込まれた加藤は、バックでフォアやミドルを突いて活路を見いだし追い上げたが届かなかった。試合後のインタビューで加藤は「相手のサーブレシーブがうまく、自分のペースに持って行けませんでした」と語った。

T2ダイヤモンドでは3位決定戦があるため次戦で加藤は、王曼イク(中国・同5位)と丁寧(中国・同3位)の敗者と対戦する。

【T2ダイヤモンド・マレーシア大会】
<女子シングルス準決勝>
加藤美優 0-4 朱雨玲(中国)
6-11/3-11/7-11/6-11

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事