NEWS新着情報

2019.08.15

【卓球】早田ひな 強烈フォアハンド炸裂!中国選手を連破して本戦進出<ブルガリアOP>

早田ひな Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン<8月13日~18日/パナギュリシテ> 大会2日目の8月14日、女子シングルス予選3回戦で早田ひな(日本生命/世界ランク34位)が、張薔(中国/同145位)にゲームカウント4-2で競り勝ち、本戦出場を決めた。

卓球・女子 最新世界ランキング一覧

女子では珍しいペンホルダーで裏面打法も使う張に対し、第1ゲームから早田は強烈なフォアハンドを決めて6-1とリード。しかしここから張にバックを攻められて逆転され、1ゲーム目を落とす。

第2ゲームはいきなり2本のサービスエースを決めるなど、サーブからの展開で張を崩した早田がわずか3ポイントしか落とさずにゲームを奪い追いつく。

第3ゲームは一進一退のラリー戦の中、早田は張のバック攻めをかいくぐってのフォアドライブで対抗。さらに縦回転のサーブでエースも奪ってゲームカウント2-1に。

同じくラリー戦が多くなった第4ゲームでも早田はときおりロングサーブを決めて相手の流れを断ち切り、最後は得意のチキータと逆チキータも見せて3-1と王手をかける。

しかし第5ゲームはバックミドルや空いたフォアなど厳しいコースを攻められてリードを許し、早田はサーブやフォアフリックで9-10まで肉薄するも届かず、1ゲームを返される。

第6ゲームもやはり早田のバックを攻める張にリードを許す展開。しかし5-10となったところから、早田はミスの出ないしぶとい卓球でジュースに持ち込み、持ち前のフォア攻撃で逆転。最後は張のスマッシュがネットミスとなり、早田が熱戦を制した。

厳しい予選ドローだった早田ひなは、見事中国勢を連破しての本戦進出を決めた。

【ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン】
<女子シングルス予選3回戦>
早田ひな 4-2 張薔(中国)
10-12/11-3/12-10/11-9/9-11/15-13

  • 1

この記事を共有する

関連ワード