NEWS新着情報

2019.08.18

【卓球】張本智和、神巧也との日本人対決に打ち勝ってベスト4進出!<ブルガリアOP>

張本智和 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン<8月13日~18日/パナギュリシテ> 大会5日目の8月17日、男子シングルス準々決勝で張本智和(木下グループ/世界ランク5位)が、神巧也(T.T彩たま/同111位)をゲームカウント4-1で下し、日本人対決を制した。

第1ゲームは張本が前陣からの鋭いバックハンドで神を押し込み、一気に10-3に。そこから神も4点連取で追いすがるが届かず、張本が先制する。

第2ゲームも張本ペース。神得意のフォアドライブが火を噴く前に、目にもとまらぬ速攻でラリーを終わらせてこのゲームも奪う。

神巧也 Photo:Itaru Chiba


第3ゲームは神がフットワークを生かしたドライブでリードするも、張本は厳しくコースを突くバックハンドで9-8と逆転。たまらず神はタイムアウトを取る。

そこから神は回転のわかりづらいサーブでエースを連発するも、張本も神を左右に振るブロックで13-12としたあと、タイムアウトを取る。次の1点をフォアドライブで取った張本が、3ゲームを連取した。

第4ゲームは神が巧みなサーブレシーブから、強烈なドライブの波状攻撃につなげる。さすがの張本もブロックしきれず、神が1ゲームを返す。

第5ゲームは再び張本の高速卓球が当たり出すも、神も縦横無尽に動いてフォアドライブで応戦。点の取り合いのままデュースに突入したが、最後は張本がサービスエースで試合を締めた。

熱闘の日本人対決を終えた2人は、抱き合ってお互いの健闘をたたえ合った。

【ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン】
<男子シングルス準々決勝>
張本智和 4-1 神巧也
11-7/11-6/14-12/7-11/13-11

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事