NEWS新着情報

2019.09.17

【卓球】伊藤美誠を欠く日本女子団体、中国に完敗で銀メダル<アジア選手権>

石川佳純 写真:AP/アフロ


アジア選手権2019インドネシア<9月15~22日/ジョグジャカルタ> 大会3日目の9月17日は女子団体決勝が行われ、日本は大会6連覇中の中国に0-3で敗れて準優勝となった。

ほぼフルメンバーをそろえた中国に対し、日本は世界ランク最上位の伊藤美誠(スターツ/7位)を欠いて挑んだアジア頂上決戦。

第1試合は前回大会シングルス覇者の平野美宇(日本生命/同9位)が、2019世界卓球女王の劉詩ブン(同5位)と対戦した。

第1ゲームは平野がフォアフリックで得点を重ねるも、打ち合いで劉に押し切られて11-13で取られる。その後平野は崩れ、劉の巧みなサーブとラリー力を前に第2ゲームは4-11、第3ゲームは3-11と一方的な展開で敗れた。

第2試合は日本のキャプテン石川佳純(全農/同8位)と世界ランク1位の陳夢が激突。

第1ゲームから積極的に攻める石川だったが、陳に落ち着いて両ハンドで対応され9-11で先制を許す。第2ゲームはしぶとく攻めるも10-12で落とし、第3ゲームもどっしり崩れない陳を前にミスが出た石川は1-11と大差で取られ、敗北した。

第3試合はカットマン佐藤瞳(ミキハウス/同19位)と最強の18歳孫穎莎(同6位)が対戦。

第1ゲームから豪打を連発する孫に6-11で取られ、第2ゲームは佐藤が切れ味鋭いバックサーブと思い切った攻撃で肉薄するも8-11で奪われる。第3ゲームは攻め急ぐ孫のミスを誘うカットで佐藤が11-8と1ゲームを返すが、第4ゲームは孫に厳しいコースへドライブを決められ、3-11で落として敗れた。

卓球帝国中国を前に日本は悔しい0-3での負けを喫したが、銀メダルを確保した。

【アジア選手権】
<女子団体決勝>
日本 0-3 中国
平野美宇 0-3 劉詩ブン
石川佳純 0-3 陳夢
佐藤瞳 1-3 孫穎莎

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード