NEWS新着情報

2019.09.22

【卓球】張本智和、世界ランク1位の許キンに及ばず銅メダル<アジア選手権>

張本智和 Photo:Itaru Chiba


アジア選手権2019インドネシア<9月15~22日/ジョグジャカルタ> 大会最終日の9月22日、男子シングルス準決勝が行われ、張本智和(木下グループ/世界ランク5位)が許キン(中国/同1位)にゲームカウント0-3で敗れ、銅メダルとなった。

18日の団体戦準決勝では張本が1-3で敗れており、雪辱を期す一戦。しかし第1ゲームから許キンの恐ろしい球威のドライブに押され、張本はバックサーブで打開を図るも4-11で先制を許す。

第2ゲームは張本がフォアを突くチキータと緩急をつけた攻めで追いすがるも9-11と届かず、第3ゲームも許キンが強じんなフットワークから豪打を連発し、ときに裏面カウンターもさく裂。張本の速攻も随所で決まるがあと一歩及ばず9-11で落とし、敗退となった。天敵相手にまたも勝利ならなかった張本だが、シングルスでの貴重なメダルを獲得した。

【アジア選手権】
<男子シングルス準決勝>
張本智和 0-3 許キン(中国)
4-11/9-11/9-11

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード