NEWS新着情報

2019.10.12

張本智和 ベラルーシのレジェンドに勝利して8強! 水谷隼と丹羽孝希はフルゲームの末敗れる<卓球 ドイツOP>

張本智和 Photo:Itaru Chiba

ITTFワールドツアー・ドイツオープン<10月8~13日/ブレーメン> 大会4日目の10月11日、男子シングルス2回戦が行われた。

張本智和(木下グループ/世界ランク5位)は43歳の大ベテラン・サムソノフ(ベラルーシ/同21位)との一戦。

第1ゲームは先に先にと攻める張本の攻撃が面白いように決まり11-2で先取。第2ゲームもサムソノフに主導権を渡さない速攻で11-7と連取する。

第3ゲームも張本は相手の堅守を打ち破るフォア連発で11-5と奪うが、競り合いの第4ゲームはサムソノフにコースを突かれて9-11で取られる。しかし第5ゲームは再び攻めの卓球で終始リードした張本が11-6で奪取し、勝利を飾った。

水谷隼 Photo:Itaru Chiba

水谷隼(木下グループ/同13位)は国際大会で2勝15敗の天敵・ボル(ドイツ/同7位)と対戦。

第1ゲームは水谷の鋭い両ハンドで11-8と先制。だが第2ゲームはじっくり優勢を築くボルのペースで9-11と取り返され、第3ゲームもつなぎと強打のメリハリが利いたボルの攻めに6-11で連取される。

第4ゲームもボルの正確なドライブに4-11で落とすが、第5ゲームは0-3でタイムアウトを取った水谷がフォア強打から11-7と逆転で奪う。

第6ゲームも水谷がボールの威力で押し込み11-9で取り、最終第7ゲームはロングサーブやフォア強打で水谷が9-3とするも、ここからラリーでミスをしなくなったボルの猛追を受けて10-12と大逆転で落とし、惜しくも敗れた。

丹羽孝希 Photo:Itaru Chiba

丹羽孝希(スヴェンソン/同11位)はチョンヨンシク(韓国/同23位)と対決。

第1ゲームはチョンにストレートへ攻められて6-11で先制されるが、第2ゲームは前陣の打ち合いで丹羽が11-7と奪い返す。第3ゲームはフォア前へのサーブから優勢を築いたチョンに8-11で奪われ、第4ゲームは丹羽が思い切りのいい両ハンドで11-9と取る。

第5ゲームは丹羽が6-9から5連続得点で11-9と奪取するも、前陣で打ち合った第6ゲームはチョンに9-11で取られ、勝負の第7ゲームは0-5から丹羽がしぶとく追い上げ6-6に。しかしここからチョンにサービスエース2本を交え8-11で奪われて敗れた。

【ITTFワールドツアー・ドイツオープン】
<男子シングルス2回戦>
張本智和 4-1 サムソノフ(ベラルーシ)
11-2/11-7/11-5/9-11/11-6

水谷隼 3-4 ボル(ドイツ)
11-8/9-11/6-11/4-11/11-7/11-9/10-12

丹羽孝希 3-4 チョンヨンシク(韓国)
6-11/11-7/8-11/11-9/11-9/9-11/8-11

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード