NEWS新着情報

2019.11.06

日本女子、アメリカを破り2戦連続全勝で決勝トーナメント進出!<卓球 W杯団体戦>

日本女子代表 Photo:Itaru Chiba

JA全農卓球ワールドカップ団体戦2019TOKYO<11月6~10日/東京体育館> 大会初日の11月6日、女子予選グループ第2試合で日本(世界ランク2位)はアメリカ(同10位)を3-0で下し、予選リーグを突破した。

【アーカイブ配信中】卓球ワールドカップ団体戦 11月6日(水)~10日(日)開催

過去の戦績は日本の10戦全勝だが、10月の女子ワールドカップではチャン リリーに平野美宇(日本生命)が苦杯を喫するなど、侮れない相手だった。

まず第1試合は石川佳純(全農)/平野美宇がチャン リリー/ワン エイミーと対戦。

第1ゲームは攻守にミスの出ない日本ペアが11-4で先制。第2ゲームもドライブで点を積み重ねて11-5で取り、第3ゲームは7-7まで競り合うも、そこから4点連取し11-7で快勝した。

石川佳純・平野美宇ペア Photo:Itaru Chiba

第2試合は伊藤美誠(スターツ)とアメリカをけん引してきた29歳・ウー ユエとの一戦。

第1ゲームは伊藤のフォアへ攻撃を集めたウーにリードされるも、多彩なサーブを武器に12-10と逆転で先取。第2ゲームはバックへのロングサーブからラリー戦を仕掛けるウーをバックで振り回して11-7で奪い、第3ゲームは相手のフォアを中心に攻めた伊藤が11-6で取って勝利した。

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba

第3試合は石川佳純が2019年パンアメリカン選手権4冠女王のチャン リリーと対戦。

第1ゲームは石川が両サイドを厳しく突く攻めで11-5で先制も、第2ゲームはチャンのフォア攻めに手を焼き11-13で奪われる。だが第3ゲームは投げ上げサーブからのフォアストレートへ攻めて11-3で圧倒し、第4ゲームもフォアに決め球を集めた石川が11-9で競り勝った。

石川佳純 Photo:Itaru Chiba

日本女子は2戦ともに3試合全勝で、決勝トーナメント進出を決めた。

<JA全農卓球ワールドカップ団体戦2019TOKYO>
日本 3-0 アメリカ

<第1試合>
石川佳純/平野美宇 3-0 チャン リリー/ワン エイミー
11-4/11-5/11-7
<第2試合>
伊藤美誠 3-0 ウー ユエ
12-10/11-7/11-6
<第3試合>
石川佳純 3-1 チャン リリー
11-5/11-13/11-3/11-9

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード