NEWS新着情報

2019.11.10

伊藤美誠 エース対決で逆転負けも「スッキリした負け。これから自分が上がるチャンス」

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba


JA全農卓球ワールドカップ団体戦2019TOKYO<11月6~10日/東京体育館> 大会最終日の11月10日、女子決勝で日本(世界ランク2位)は中国(同1位)に0-3で敗れて、銀メダルに終わった。国際大会の戦績は日本の5勝23敗。1971年世界卓球名古屋大会以来の世界戦での勝利を目指す一戦だった。

第2試合のエース対決で先にマッチポイントを握りながらも逆転で惜敗した伊藤美誠(スターツ)は「2-0で勝っていたところで、3-0で勝てなかったところがいちばん大きな点だと思っています。最後も2-2の10-7で少し攻め急いだところが敗因。

やっぱり負けは負けなので、(日本が)0-3で負けたことと変わらないですし」としながらも、「でも出し切れたところは出し切れたと思うので、もちろん悔しいですけど、ちょっとスッキリした負けというか。やっぱり大事なところで孫選手のほうが頭もよくて実力も上で、まだまだこれから自分が上がるチャンスをくれたなと思っています」と前を向いた。

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba

<JA全農卓球ワールドカップ団体戦2019TOKYO>
女子決勝
日本 0ー3 中国

<第1試合>
石川佳純/平野美宇 0-3 陳夢/劉詩ブン
7-11/9-11/10-12
<第2試合>
伊藤美誠 2-3 孫穎莎
11-8/11-9/6-11/7-11/10-12
<第3試合>
平野美宇 0-3 劉詩ブン
3-11/8-11/5-11

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード