NEWS新着情報

2019.11.16

伊藤美誠 台湾のエースにリベンジを果たし準決勝進出<卓球 オーストリアOP>

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・オーストリアオープン<11月12日~17日/リンツ> 大会5日目の11月16日、女子シングルス準々決勝で伊藤美誠(スターツ/世界ランク7位)が台湾のエース鄭怡静(同11位)をゲームカウント4-1で下して準決勝進出を決めた。

国際大会の戦績は伊藤の3勝2敗。前回の2018年ワールドツアーグランドファイナルでは敗れており、雪辱を果たしたい一戦だった。

第1ゲームは鄭のフォア前へのサーブに対する伊藤のバックハンドが台に入らず3-11で先制されるが、第2ゲームは伊藤が多彩なサーブからの攻めで打開して11-8で取り返す。

第3ゲームは伊藤のスマッシュをスマッシュを返すなど鄭のカウンターに手を焼くが、緩急をつけた攻撃で伊藤が11-8で押し切り、第4ゲームは8-8で伊藤がバックへのロングサーブから2本取り、ここも11-8で奪う。

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba


第5ゲームは得意のバックハンドで鄭を左右に揺さぶりつつ攻めた伊藤は最後はロングサーブでエースを取って11-8で締め、リベンジを果たした。

試合後のインタビューで伊藤は、「1ゲーム目はかんたんに負けてしまったんですけど、すぐに自分のプレーをしようと思って、気持ちをすぐ切り替えられたことがよかったと思っています」と語った。

【ITTFワールドツアー・オーストリアオープン】
<女子シングルス準々決勝>
伊藤美誠 4-1 鄭怡静(台湾)
3-11/11-8/11-8/11-8/11-8

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード