NEWS新着情報

2019.11.17

早田ひな 世界ジュニア女王に競り負けてベスト4ならず<卓球 オーストリアOP>

早田ひな Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・オーストリアオープン<11月12日~17日/リンツ> 大会5日目の11月16日、女子シングルス準々決勝で早田ひな(日本生命/世界ランク25位)が2018年世界ジュニア女王の銭天一(中国/同71位)にゲームカウント2-4で敗れた。

19歳サウスポー同士の対決。第1ゲームは強烈かつ正確なバックハンドで攻める銭に8-11で先制され、第2ゲームは早田が逆チキータ、ツッツキと台上技術から競り合いに持ち込むが、最後は銭のチキータで15-17とここも落とす。

第3ゲームも銭にバックハンドで3-7とされるが、巻き込みサーブから粘り強く攻めた早田が11-9と逆転で取り返し、第4ゲームは早田が鋭い両ハンドとサービスエースで得点し11-6で取ってゲームカウント2-2に追いつく。

早田ひな Photo:Itaru Chiba


だが第5ゲームは競り合うも、銭に厳しいコースへ打たれて7-11で落とし、第6ゲームはチキータやフォアフリックで突き放されて3-11で失い敗れた。

早田は試合後のインタビューで「相手の打ち方やタイミングの取り方がすごく難しくてなかなか流れに乗れなくて、引きずってしまった感じです。読みあいの中でもぜんぶ逆を突かれていた」と語った。

さらに結果を残した今大会を振り返り、「今日は負けたんですけど、上手くいかない展開でいろいろ攻略して2ゲームを取れたのはすごく大きかったので。今大会いろんな収穫があって、またいろんな課題が見つかって、すごく卓球って面白いなと思いました」とポジティブに話した。

早田は予選から中国選手を下して勝ち上がってのベスト8。ミックスダブルスの優勝も含めて躍進した大会であった。


【ITTFワールドツアー・オーストリアオープン】
<女子シングルス準々決勝>
早田ひな 2ー4 銭天一(中国)
8-11/15-17/11-9/11-6/7-11/3-11

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード