NEWS新着情報

2019.11.21

伊藤美誠「しっかり勝つことができてよかった」石川佳純との日本人対決を制す<卓球 T2ダイヤモンド>

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba


T2ダイヤモンド・シンガポール大会<11月21~24日/タンビネス> 大会初日の11月21日、女子シングルス1回戦で伊藤美誠(スターツ/世界ランク7位)が石川佳純(全農/同8位)をゲームカウント4-1で下し、日本人対決を制した。

国際大会の戦績では石川の5勝2敗だが、ここ3戦では2勝1敗と伊藤がリードしていた。

第1ゲームから伊藤が石川を両サイドに振り、バックを攻められても鋭いカウンターを放って11-6で伊藤が先制。第2ゲームはロングサーブで打開を図る石川だが、回り込んでのスマッシュなどでことごとく跳ね返した伊藤がここも11-5で奪う。

第3ゲームは石川が先にドライブで攻め、伊藤を台から下げさせて11-8で取り返すが、第4ゲームは石川が序盤ロングサーブを2本ミスするなど流れに乗れず、逆に伊藤が厳しいコースへのボールを次々決めて11-8で押し切る。

石川佳純 写真:新華社/アフロ


ここから「24分経過後に始まったゲームは5ポイント制」となる、大会特別ルールが適用に。

その第5ゲームは伊藤が石川のフォアサイドをしっかり攻めて5-3で取り、伊藤が勝利した。

試合後のインタビューで伊藤は、「1~2ゲーム目とすごく私らしいプレーでリードできたんですが、3ゲーム目はいい展開で負けてしまったので、気持ちを切り替えてまたがんばろうと落ち着いて試合ができました。(石川選手が相手だったが)同じ日本人チームとして切磋琢磨して戦う中で、日本人対決がすごく大事になるのでしっかり勝つことができてよかったです」と語った。

【T2ダイヤモンド・シンガポール大会】
<女子シングルス1回戦>
伊藤美誠 4-1 石川佳純
11-6/11-5/8-11/11-8/5-3

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード