NEWS新着情報

2019.11.21

丹羽孝希、世界6位のカルデラノにリベンジ!準々決勝進出<卓球 T2ダイヤモンド>

丹羽孝希 Photo:Itaru Chiba


T2ダイヤモンド・シンガポール大会<11月21~24日/タンビネス> 大会初日の11月21日、男子シングルス1回戦で丹羽孝希(スヴェンソン/世界ランク11位)がカルデラノ(ブラジル/同6位)をゲームカウント4-2で破り、ベスト8へ駒を進めた。

先週のオーストリアオープンでは2-4と敗れた相手に、丹羽は借りを返したい一戦だった。

第1ゲームは丹羽が速攻で7-1とリードしてから、強烈なチキータを連発したカルデラノに8-8で追いつかれるが、丹羽がカットブロックやサーブを駆使して11-10で振り切り先制。第2ゲームは前中陣から放つカルデラノの両ハンドに押されて8-11で奪われる。

第3ゲームはカルデラノの攻めの球を確実に返した丹羽が相手のミスを誘い11-6で取るが、第4ゲームはカルデラノの大きな投げ上げサーブからの三球目攻撃に圧倒され3-11で落とす。

カルデラノ Photo:Itaru Chiba


ここから「24分経過後に始まったゲームは5ポイント制」となる、大会特別ルールが適用に。

第5ゲームは落ち着き払った正確な攻めで丹羽がリードして最後はスマッシュで5-3と奪い、第6ゲームはしっかり動いてのフォアドライブとサービスエース2本で5-2と押し切り、南米の天才にリベンジを果たした。


試合後のインタビューで丹羽は、「カルデラノ選手はチキータがすごくうまいので、ロングサーブを多く出しました。最後2-2になってファスト5(5ポイント制)になったときは思い切ってロングサーブを多めにして攻める作戦にしました」と語った。

【T2ダイヤモンド・シンガポール大会】
<男子シングルス1回戦>
丹羽孝希 4ー2 カルデラノ(ブラジル)
11-10/8-11/11-6/3-11/5-3/5-2

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード