NEWS新着情報

2019.11.24

張本智和 0-2からの4ゲーム連取で逆転勝ち!丹羽孝希との日本人対決を制して4強入り<卓球 T2ダイヤモンド>

張本智和 Photo:Itaru Chiba


T2ダイヤモンド・シンガポール大会<11月21~24日/タンビネス> 大会3日目の11月23日、男子シングルス準々決勝で張本智和(木下グループ/世界ランク5位)が丹羽孝希(スヴェンソン/同11位)をゲームカウント4-2で逆転勝ちし、ベスト4へ駒を進めた。

卓球日本代表選考レース ポイント一覧

国際大会での戦績は張本の2勝1敗だが、直近の2019年アジアカップでは丹羽が4-2で勝利していた。

第1ゲームは丹羽のフォアカウンターがよく決まり、チキータやストップなど台上プレーでも先手を取って11-6で先制。第2ゲームはフォアドライブで押し込む張本と、カットブロックなどでいなす丹羽が競り合い9-9となるが、ここから2本取った丹羽が11-9で連取する。


第3ゲームは張本が攻めて10-6としてから丹羽が珍しいバックサーブで2本取るも、それに動じず張本が11-8で取り返し、第4ゲームは台上プレーで上回って決定打を次々と決めた張本が11-3で一方的に奪う。

第5ゲームは5-4と丹羽がリードするが、両ハンドを先に打つ展開を作った張本が7連続ポイントで11-5と一気に取り、5点先取の大会特別ルール(ファスト5)に突入した第6ゲームもフォアで攻めた張本が5-3で奪取し、勝利した。


丹羽は東京五輪シングルス代表を争う水谷隼(木下グループ)と同じ準々決勝敗退に終わり、この大会で水谷の有効ポイントを超えることはできなかった。

試合後のインタビューで張本は、「本当に丹羽さんのペースでずっと進んでいて、なかなかいいところがなかったので、(そこから)ゆっくりのペースでやろうと思いました。(準決勝は未勝利の許キンとの対戦だが)本当に強い選手なので、自分の持っているものを全部出し切って、後悔のないように試合をしたいです」と語った。


【T2ダイヤモンド・シンガポール大会】
<男子シングルス準々決勝>
張本智和 4ー2 丹羽孝希
6-11/9-11/11-8/11-3/11-5/5-3

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード