NEWS新着情報

2019.11.24

水谷隼 世界3位とのサウスポー対決で敗れベスト4ならず<卓球 T2ダイヤモンド>

水谷隼 写真:新華社/アフロ


T2ダイヤモンド・シンガポール大会<11月21~24日/タンビネス> 大会3日目の11月23日、男子シングルス準々決勝で水谷隼(木下グループ/世界ランク13位)が2019年香港オープン覇者の林高遠(中国/同3位)にゲームカウント1-4で敗れた。

国際大会の戦績は水谷の1勝2敗で、水谷は2017年のアジアカップ以来の勝利をめざした一戦。

第1ゲームは水谷が3-3からサーブレシーブで違いを見せて8連続ポイントで11-3と先制。しかし第2ゲームは落ち着いて入れに行くレシーブからの攻めで林が抜け出して7-11で取り返される。

第3ゲームはサーブのよく効いた水谷が食い下がるが、林がYGサーブからのキレ味鋭い両ハンド攻撃で一歩上回り10-11で取られ、第4ゲームもややワンサイド気味の展開で林に4-11で奪われる。

ここから「24分経過後に始まったゲームは5ポイント制」となる、大会特別ルールが適用に。

第5ゲームはレシーブミスや3球目ツッツキでのミスを繰り返すなど、サーブレシーブでも後手に回った水谷は2-5で落として敗れた。

【T2ダイヤモンド・シンガポール大会】
<男子シングルス準々決勝>
水谷隼 1-4 林高遠(中国)
11-3/7-11/10-11/4-11/2-5

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード