NEWS新着情報

2019.11.24

伊藤美誠 10万ドル獲得王手!平野美宇と世界1位を破った韓国選手に快勝!決勝進出<卓球 T2ダイヤモンド>

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba


T2ダイヤモンド・シンガポール大会<11月21~24日/タンビネス> 大会最終日の11月24日、女子シングルス準決勝で伊藤美誠(スターツ/世界ランク7位)が2017年ユニバーシアード2冠女王のチョン・ジヒ(韓国/同20位)をゲームカウント4-1で下し、決勝進出を果たした。

伊藤は2018年世界卓球で南北合同コリアの選手だったチョンと対戦し、3-0で勝利して以来の対戦。

第1ゲームは伊藤がサービスエースを連発し、多彩なレシーブも決めて11-7として先制。第2ゲームは一転、伊藤のサーブに対応しドライブで攻めてきたチョンに押されて5-11で取り返される。

第3ゲームは伊藤が短いラリーから得点を重ね8-2とするが、そこからしぶとく詰め寄るチョンの圧力に伊藤の2度のサーブミスが重なり8-10とされるも、そこからビデオ判定でのプレーやり直しを乗り越えて3本連取した伊藤が11-10でここも奪う。

第4ゲームは再び伊藤がサーブレシーブで圧倒し、ストップ合戦からのフォアフリックも決めて11-2で一気に取り、5点先取の大会特別ルール(ファスト5)に突入した第5ゲームもサーブとレシーブの力で差を見せつけた伊藤が5-1で押し切って快勝した。

試合後のインタビューで伊藤は「(第3ゲームは)相手の選手がすごく思い切り来て、私自身ももっと自分から攻めないと思いましたし、相手選手もすごく攻撃的な選手だったので、第3ゲームを取れたことはすごく大きかったです。(決勝は孫穎沙との対戦だが)いまたくさん孫選手と試合させてもらって、毎回楽しい試合ができているので、今日の決勝戦も楽しく自分らしいプレーを出せたらいいなと思っています」と語った。

【T2ダイヤモンド・シンガポール大会】
<女子シングルス準決勝>
伊藤美誠 4-1 チョン・ジヒ(韓国)
11-7/5-11/11-10/11-2/5-1

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード