NEWS新着情報

2019.11.24

張本智和 中国選手との死闘を制して3位入賞!「次は1位を取れるように」<卓球 T2ダイヤモンド>

張本智和 Photo:Itaru Chiba


T2ダイヤモンド・シンガポール大会<11月21~24日/タンビネス> 大会最終日の11月24日、男子シングルス準決勝で張本智和(木下グループ/世界ランク5位)が2019年香港オープン覇者の林高遠(中国/同3位)をゲームカウント4-3のフルゲームで下して3位入賞を果たした。

第1ゲームは張本が前陣をキープしての攻撃で6-2とするが、ピッチと威力を併せ持つ林の両ハンドに8-11と逆転で先制を許し、第2ゲームは張本がフォアミドルを攻められた上に得意のチキータもカウンターで持って行かれるなど、3-11と一方的に奪われる。

第3ゲームは林のフォアサイドを再三突いて得点した張本が抜け出して11-6で奪い、第4ゲームは競り合いのまま10-10となり、ここでタイムアウトを取った張本が次の一本を持ち前のブロック力でもぎ取って11-10で奪取する。

5点先取の大会特別ルール(ファスト5)に突入した第5ゲームは張本がバックハンドと横下回転系の3球目チキータを決めて5-3で奪い、第6ゲームは張本が長短のサーブでエースを取るが、高い打点で決定打を放った林を止められず3-5で失う。

最終第7ゲームは張本が持ち味のチキータとフォアフリックをさく裂させてリードし、最後はフォアドライブをクロスに突き刺して5-3で取り、今大会の3位の座を勝ち取った。

なお3位となった張本は賞金2万ドル(約217万円)、4位の林は1万2千ドル(約130万円)を同時に獲得した。

試合後のインタビューで張本は、「相手は自分よりも強い選手なので、向かっていく気持ちだったんですけど、出足でリードされてから逆に吹っ切れて、ノンプレッシャーでプレーができました。自分の目標はやっぱりオリンピックの金メダルなので、今回は3位でしたけど、次は1位を取れるようにもっと辛い練習をして努力してがんばりたいと思います」と語った。

【T2ダイヤモンド・シンガポール大会】
<男子シングルス3位決定戦>
張本智和 4-3 林高遠(中国)
8-11/3-11/11-6/11-10/5-3/3-5/5-3

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード