NEWS新着情報

2019.11.24

伊藤美誠 中国の宿敵にわずか1ポイント差の惜敗 2週連続Vならずも準優勝<卓球 T2ダイヤモンド>

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba


T2ダイヤモンド・シンガポール大会<11月21~24日/タンビネス> 大会最終日の11月24日、女子シングルス準決勝で伊藤美誠(スターツ/世界ランク7位)が2019年アジア選手権女王の孫穎莎(中国/同3位)にゲームカウント3-4で敗れ、準優勝に終わった。

卓球日本代表選考レース ポイント一覧

国際大会の戦績は伊藤の2勝4敗だが、前回のW杯団体ではフルゲーム10-12まで競った2人。すでに中国最強との呼び声も高い孫と、直近3大会のワールドツアーで全て決勝に進んだ伊藤。今年5度目となる19歳のライバル同士の頂上対決だった。

第1ゲームは伊藤が速射砲のようなバックハンドに加えて前後にゆさぶって6-5とするが、小柄な体から猛烈なフォアドライブを連発する孫を止められず7-11で先制され、第2ゲームも振れば入るような孫の両ハンドに防戦となり3-11で連取される。

孫穎莎 Photo:Itaru Chiba


第3ゲームはコースも長短も自在の伊藤の攻撃が次々と決まって8-1とし、そこから8-5まで詰め寄られるがタイムアウトで逆転の流れを止めて11-6で取り返し、第4ゲームも伊藤が5-6の場面から孫のパワーボールを何度もブロックで跳ね返し、さらに攻め立て11-7と逆転で奪う。

5点先取の大会特別ルール(ファスト5)に突入した第5ゲームは、孫のバックへのロングサーブからの左右に振り回すドライブ攻撃に屈して3-5で取られ、第6ゲームは伊藤が細かく変化をつけたバックハンドで5-3と奪い返し、第7ゲームは伊藤が孫のフォアミドルを攻めて得点するも突き放せず、最後はフォアスマッシュをミスして4-5であと一歩届かず敗れた。

しかし前回は1回戦負けに終わったT2ダイヤモンドで、準優勝と伊藤は躍進した。

試合後のインタビューで伊藤は、「絶好調ではない中で決勝戦まで来て、孫選手と0-2で負けていたんですけど追いつくことができて。でも最後の最後で負けてしまったので、そこは実力差かなと思っています。(孫とは今後も多く対戦するが)今年たくさん試合をさせてもらって、でも負けている回数のほうが多いので、来年しっかり勝てるように、勝つ回数のほうが多くなるようにがんばっていきたい」と語った。

なお優勝した孫は賞金10万ドル(約1086万円)、準優勝の伊藤は5万ドル(約543万円)を獲得した。


【T2ダイヤモンド・シンガポール大会】
<女子シングルス決勝>
伊藤美誠 3-4 孫穎莎(中国)
7-11/3-11/11-6/11-7/3-5/5-3/4-5

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード