NEWS新着情報

2019.11.30

張本智和 フルゲームの熱闘の末に丹羽孝希を下してベスト4進出!<卓球 男子ワールドカップ>

hh.jpg

張本智和 Photo:Itaru Chiba

卓球男子ワールドカップ<2019年11月29日~12月1日/中国・成都> 大会2日目の11月30日、男子シングルス準々決勝で張本智和(木下グループ/世界ランク5位)が丹羽孝希(スヴェンソン/同11位)をゲームカウント4-3で下し、準決勝進出を果たした。

国際大会の戦績は張本の3勝1敗。先週のT2ダイヤモンドでも対戦しており、張本が4-2で勝っていた。

第1ゲームはタイミングの速い打ち合いで5-5と競り合うが、前~中陣から威力のある両ハンドで押した張本が11-6で先制し、第2ゲームは6-4からYGサーブで2本エースを取った張本が丹羽のカットブロックも物ともせず11-7で連取する。

第3ゲームは丹羽が6-4とし、ここから張本がバックハンドで5連続ポイントして逆転するが、丹羽が緩急のある攻めで再逆転して12-10で奪取し、第4ゲームもスピード自慢同士の激しいラリー戦の中、カットブロックで10-10に追いついた丹羽が次の2本もサーブとチキータで取って12-10で取る。

第5ゲームも競り合いのまま10オールに突入し、丹羽が11-12の場面からサービスエース1本とラリー戦を2本制して14-12で3ゲーム連取し、第6ゲームはやや台から距離を取って丹羽のカウンターを冷静に受けた張本が、攻撃も決めきって11-3で一方的に奪う。

最終第7ゲームはミドルを攻めた丹羽が4-1とするが、バックハンドで両サイドを突いて不意のロングサーブも決めた張本が逆転し11-8で押し切り、勝負を決めた。

なお日本人対決に勝利した張本は、準決勝で世界王者の馬龍(中国)と対戦する。

nn.jpg

丹羽孝希 Photo:Itaru Chiba

試合後のインタビューで張本は、「いつも練習してやりなれている相手でお互いが全てを知っているので。その中でも大事なところで一本粘ることができました。(準決勝は馬龍戦だが)世界で一番強い相手なので、自分の全ての力を出し切って次も勝ちたいと思います」と語った。

【男子ワールドカップ】
<男子シングルス準々決勝>
張本智和 4ー3 丹羽孝希
11-6/11-7/10-12/10-12/12-14/11-3/11-8

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード