NEWS新着情報

2020.01.17

水谷隼 ダブルス歴代最多優勝ならず。水谷・大島、高校生ペアに苦杯【卓球 全日本選手権】

水谷隼/大島祐哉【卓球 全日本選手権】Photo:Itaru Chiba


「天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会」<1月13~19日/大阪> 大会5日目の1月17日、男子ダブルス準々決勝で同大会2017年度優勝・水谷隼/大島祐哉の木下グループペアは戸上隼輔/宮川昌大の野田学園高ペアにゲームカウント1-3で敗れた。

第1ゲームから僅差で競り合う展開の中、相手のミスを誘った水谷・大島ペアが12-10で先制するも、第2ゲームは鋭い攻撃で臆せず先に攻めた高校生ペアがリードを広げて、最後は戸上がドライブをフォアストレートに突き刺し11-7で取り返す。

戸上隼輔/宮川昌大【卓球 全日本選手権】Photo:Itaru Chiba


第3ゲームも高校チャンプの戸上を中心に野田学園高ペアが攻め立て、木下ペアのロビングもきっちりスマッシュで攻めきって11-4で奪い、第4ゲームは台上プレーでも先手を取って攻め手を与えなかった高校生ペアが最後も力強い攻撃で11-6と奪取し、見事に金星を上げた。

水谷隼の歴代最多8回目のダブルス優勝への戦いは、ベスト8で幕を閉じた。


【全日本卓球選手権大会】
<男子ダブルス準々決勝>
水谷隼/大島祐哉 1-3 戸上隼輔/宮川昌大
12-10/7-11/4-11/6-11

水谷隼/大島祐哉【卓球 全日本選手権】Photo:Itaru Chiba

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード