NEWS新着情報

2020.01.18

3連覇に王手のみまひな「楽しんでやれた。決勝は楽しくプレーしたい」【卓球 全日本選手権】

決勝進出の伊藤・早田ペア Photo:Itaru Chiba


「天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会」<1月13~19日/大阪> 大会6日目の1月18日、女子ダブルス準決勝で大会2連覇中の伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)ペアが前々回準優勝の塩見真希(ミキハウス)/梅村優香(中央大)ペアをゲームカウント3-0のストレートで破り、3年連続の決勝進出を果たした。

試合後のインタビューで、伊藤は「1ゲーム目からすごく自分たちらしくプレーできて、楽しんでやれたのですごくよかったと思います。決勝戦も思い切って自分たちらしく楽しくプレーしたい」と語った。

早田は「(塩見・梅村は)一昨年の決勝戦であたっていたペアなので、一本目から気を引き締めて、しっかり3-0で勝ててよかった。(今日良かったのは)私のドライブや伊藤選手のレシーブなどを(相手が)防いできた中で、それを上回る連携プレーで得点できたかなと。

サーブレシーブからの4球目などのつながりがすごく良かったかなと思います。(決勝は)しっかり自分たちのプレーをすることを心がければ勝利につながると思います」と意気込んだ。

決勝では長崎美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/木原美悠(JOCエリートアカデミー)ペアを破った芝田沙季(ミキハウス)/大藤沙月(ミキハウスJSC)と2年連続で対戦する。

【全日本卓球選手権大会】
<女子ダブルス準決勝>
伊藤美誠/早田ひな 3-0 塩見真希/梅村優香
11-6/11-6/11-7

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード