NEWS新着情報

2020.01.19

宇田幸矢、五輪代表・張本智和を破って初優勝!激闘の高校生対決制す【卓球 全日本選手権】

宇田幸矢 Photo:Itaru Chiba


「天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会」<1月13~19日/大阪> 大会最終日の1月19日、男子シングルス決勝で2018年世界ジュニア銀メダリストの宇田幸矢(18歳=JOCエリートアカデミー/大原学園)が王座奪還を狙う大本命の前々回王者・張本智和(16歳=木下グループ)をゲームカウント4-3で下し、初優勝を飾った。

かつてエリートアカデミーでともに汗を流し、ダブルスパートナーでもあった高校生2人が全日本の決勝を戦う、新時代を告げる一戦だった。

第1ゲーム序盤は張本が落ち着いた攻めで6-3とするが、宇田がチキータに加えフットワークを使ったフォアハンドを繰り返し決めて、最後もフォア強打で13-11と力強く先制。第2ゲームも宇田がレシーブから鋭く攻めて、最後は台の下からの"下回転ドライブ"もさく裂して11-9と連取する。

張本智和 Photo:Itaru Chiba


第3ゲームは出足から張本が5-1とリードしてそのまま11-8と押し切るが、チキータ合戦となった第4ゲームでは終盤に宇田が足を使ったフォアハンドを連発して12-10で奪う。

第5ゲームも宇田が攻めて、張本がしのぐパターン。宇田が先に両ハンドで勢いよく攻撃して10-8とマッチポイントを奪うも、張本の守備が崩れずに13-11で逆転で取り、第6ゲームも先に大量リードを取った張本がそのまま11-6で獲得する。

最終第7ゲームは出足で張本が4-0とリードし、そこから宇田が開き直ったようなフォアドライブを連発。鮮烈なカウンターを連発して9-9まで競り合い、そこから技ありのサーブで2本取った宇田が11-9とし、18歳での初優勝を果たした。


【全日本卓球選手権大会】
<男子シングルス決勝>
張本智和 3ー4 宇田幸矢
11-13/9-11/11-8/10-12/13-11/11-6/9-11

宇田幸矢 Photo:Itaru Chiba

ベンチコーチに入った幸矢選手の父・宇田直充、宇田幸矢 Photo:Itaru Chiba

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード