NEWS新着情報

2020.02.22

伊藤美誠 鬼のカット打ちで逆転勝利 日本人対決を制して4強入り【卓球 ハンガリーOP】

伊藤美誠 PHOTO:@ITTFWorld

ITTFワールドツアー・ハンガリーオープン<2月18日~23日/ブダペスト> 大会5日目の2月22日、女子シングルス準々決勝で伊藤美誠(19歳=スターツ/世界ランク3位)が佐藤瞳(22歳=ミキハウス/同18位)をゲームカウント4-2で下して準決勝へ駒を進めた。

国際大会の戦績では伊藤が8勝1敗と大きくリード。カット打ちに定評のある伊藤を佐藤はどうにか崩したい対戦だった。

第1ゲームは佐藤がバックのロングサーブや攻撃を多用する積極策で中盤からリードして11-9で先制し、第2ゲームもカットマンとは思えないほどの攻撃姿勢で佐藤が押し込み、変化カットで伊藤のスマッシュミスも誘って11-7で連取する。

佐藤瞳 PHOTO:@ITTFWorld

第3ゲームはドライブ主体で攻めた伊藤が、佐藤の反撃をしのいで11-6で取り返し、第4ゲームは前後への揺さぶりを見せる伊藤に、佐藤がまたも攻撃で追いすがるが8-8から攻撃で3本ミスが出て、伊藤が11-8でここも取る。

第5ゲームはボールの長短とコース取りが極めて正確な、伊藤らしいカット打ちがさく裂して11-1で一気に奪い、第6ゲームも9-1からの芸術的ラリーを取るなど、攻守にスキを見せなかった伊藤が最後もスマッシュで11-2で取り、ベスト4進出を決めた。

【ITTFワールドツアー・ハンガリーオープン】
<女子シングルス準々決勝>
伊藤美誠 4ー2 佐藤瞳
9-11/7-11/11-6/11-8/11-1/11-2

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード