NEWS新着情報

2020.02.23

宇田幸矢 日本人キラーに快勝!決勝は張本と全日本以来の対決に【卓球 ハンガリーOP】

宇田幸矢 PHOTO:@ITTFWorld

ITTFワールドツアー・ハンガリーオープン<2月18日~23日/ブダペスト> 大会最終日の2月23日、男子シングルス準決勝で宇田幸矢(18歳=JOCエリートアカデミー/大原学園/世界ランク50位)がイングランドのエース・ピッチフォード(26歳=同23位)をゲームカウント4-2で下し、決勝に駒を進めた。

2016年の韓国オープンで一度対戦した際は2-4で宇田が敗れており、日本人キラーとの異名を持つ長身選手に雪辱を狙った。

第1ゲームはピッチフォードのよく切れたYGサーブと鋭いバックハンドに苦しみ、宇田もフォアドライブで肉薄するが最後はミスとなり11-13で先制され、第2ゲームは4-4からチキータとフォアで攻めた宇田が6連続ポイントし、4点返されるも最後はネットインで11-8と取り返す。

ピッチフォード PHOTO:@ITTFWorld

第3ゲームは宇田が長短と回転のわかりづらいサーブでピッチフォードのレシーブを狂わせ、背面打ちにも動じず11-5で奪い、第4ゲームは台からやや距離を取って冷静に両ハンドを振り抜いたピッチフォードにラリーを掌握され5-11で取られる。

第5ゲームは前陣から先に仕掛けた宇田がリードを広げて11-6で獲得し、第6ゲームもチキータやハーフロングのサーブなど、サーブレシーブから優勢を築いた宇田が最後は下回転系サーブで2本エースを奪って11-7で取って勝利した。

これで決勝は張本智和(木下グループ)との一戦となり、奇しくも全日本選手権の決勝と同じカードが実現することになった。

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード