NEWS新着情報

2020.03.08

水谷隼・伊藤美誠、中国ペアを下して今季初V!伊藤は二冠に王手【卓球 カタールOP】

2020-03-07.jpg

水谷隼・伊藤美誠 写真:新華社/アフロ

ITTFワールドツアー・カタールオープン<3月3~8日/ドーハ> 大会5日目の3月7日、ミックスダブルス決勝でダブルス世界ランク4位の水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)が、ともに19歳の中国若手ペア・王楚欽/孫穎莎(中国)と対戦。ゲームカウント3-1で下し、優勝した。

20200308-00010000-tvtokyos-001-7-view.jpg

王楚欽・孫穎莎 PHOTO:@ITTFWorld

前回のハンガリーオープンでは水谷が首を痛めたため途中棄権していた日本ペアだが、今大会はその水谷が躍動感溢れるプレーを見せ、盤石のコンビネーションで危なげなく決勝進出を果たした。

決勝の第1ゲーム、シングルスでも決勝に進出し、絶好調の伊藤がペアを牽引。絶妙なレシーブとサーブエースで連取し、日本ペアがいきなり5-0とリード。中盤、水谷のボールを孫穎莎に攻め返され、1点差まで追い上げられるが11-8で逃げ切った。

第2ゲームは中国ペアに攻められる展開に。孫穎莎のフォアドライブは水谷がブロックミスするほどに強烈で、7-11でゲームを奪われる。

2020-03-07 (1).jpg

水谷隼・伊藤美誠 写真:新華社/アフロ

第3ゲーム、水谷/伊藤はストップとフリックを混ぜて台上で先手を取っていく。この戦術が見事にはまり、日本ペアが11-4でゲーム奪取。

続く第4ゲームも水谷のチキータ、伊藤のフォアカウンターなどが決まり日本ペアが8-6とリード。このまま勝ち切りたかったが、次の1本で高く浮いたボールに対して伊藤がフォア強打を空振り。ここから4失点で8-10と逆転を許す。

悪い流れになりかけたが、集中力を切らさず戦った水谷/伊藤は2本取って10-10のデュースに。一進一退の攻防となったが、14-13の日本ペアにとっては2度目のチャンピオンシップポイントで、最後は水谷が回り込んでのフォアカウンターをバックストレートに決めて15-13。水谷/伊藤が、昨年のブルガリアオープン以来となる、今季初のワールドツアー制覇を成し遂げた。

二冠を目指す伊藤は、明日の女子シングルス決勝で世界ランク1位の陳夢(中国)と対戦する。

【ITTFワールドツアー・カタールオープン】
<ミックスダブルス決勝>
水谷隼/伊藤美誠 3-1 王楚欽/孫穎莎(中国)
11-8/7-11/11-4/15-13

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード