×
×
×

水谷隼・伊藤美誠「自分たちらしさが出た」混合ダブルス初戦勝利でスタート【五輪卓球】

2021.07.24
SHARE
記事をシェア
2021.07.24

水谷隼/伊藤美誠 Photo by Ezra Shaw/Getty Images

 「東京オリンピック」の卓球競技が7月24日、東京体育館で始まった。競技初日の混合ダブルス1回戦に水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)ペアが登場。オーストリアのフェゲルル/ポルカノバと対戦し、ゲームカウント4-1で初戦勝利を飾った。

 試合を終えた2人は幸先のいい滑り出しに終始笑顔。「(ゲームが進むに連れて)調子が上がり4ゲーム目くらいから自分たちらしさが出た」と水谷が言えば、伊藤も「2ゲーム目を取られても余裕を持てた。4、5ゲーム目は特に自分たちのペースに持っていけた」と語った。

1ゲーム目から攻めの姿勢で相手を圧倒した。「重点を置いて(練習を)やってきた」と伊藤が話すサーブとレシーブからの展開で良い流れを作ると、第2ゲームはやや力みが見られた伊藤にオーバーミスが目立ったが、それを水谷がカバー。第2ゲームは落としたものの、第3ゲームは水谷のフォアハンド強打が立て続けに決まり流れを引き戻すことに成功した。

 すると第4ゲームはのっけから怒涛の9連続ポイント。さらに第5ゲームになると伊藤が逆チキータなど得意のレシーブでポイントを奪い、水谷もチキータレシーブやフリックなど思い切った台上プレーで一気に決着をつけた。

GettyImages-1330310748-(1).jpg

水谷隼/伊藤美誠 Photo by Ezra Shaw/Getty Images

 競技2日目の25日は早くも準々決勝と準決勝が行われる。水谷/伊藤の準々決勝の相手はパワーヒッターのフランチスカ/P.ソルヤ(ドイツ)。同種目における最初の大きな関門になりそうだ。

<混合ダブルス1回戦 結果>
水谷隼/伊藤美誠 4-1 フェゲルル/ポルカノバ
(11-5/8-11/11-9/11-4/11-4)

(文=高樹ミナ)


E7CWQtKWYAAcRv1.jpg

東京2020 卓球競技 各種目日程

■東京2020 出場チーム・出場選手・ドロー

SHARE

このページを友達にシェアしよう!