日経スペシャル ガイアの夜明け

毎週火曜日 10時 ~1054
テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

20171219 放送 第795

誰が支える?食卓の"真実"

番組を見逃した方はこちら テレビ東京ビジネス オンデマンド

日本の農業就業人口は、ついに200万人を割り込んだ。25年前から6割も減少...。大半を占める高齢者層の大量離農が進み、一方で、それを補うはずの若年層への世代交代もうまく行っていない。そこに登場したのが、ITを駆使し効率を追求した「スマート農業」だ。その国内市場規模は、2016年度に100億円を超え、2023年度には330億円に達するとの予測も。若者に敬遠されていた農業が今、稼げる、カッコいい、楽しい農業に変貌を遂げようとしている。新たに始まった"食材づくり革命"を追う。

  • 日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

農家の負担を減らせ!

近年、和牛の価格が高騰している。その要因のひとつは、畜産農家の高齢化と減少だという。結果、繁殖雌牛が減り、子牛が不足しているのだ。そこには、農家が抱えて来た長年の問題…生き物を飼育するゆえの「大きな負担」がある。常に牛の体調に気を配らなければならず、休まる時がないのだ。そんな中、あるデバイスが、畜産分野に革命を起こそうとしている。センサーで牛の動きを解析することで、牛がいま立っているのか、えさを食べているのか、具合が悪くて寝ているのか、発情しているのかなどが分かる「U-motion」だ。ITベンチャーのデザミスがNTTテクノクロスと組み開発したこのデバイス、牛に取り付ければ、農家は見回りなどの負担を大幅に減らすことができるという。また、いち早く体調の変化や発情に気づくことも可能に。しかし、この「 U-motion」に対し、新たな要望が寄せられていた。それは、牛の「分娩時期」を知らせる機能の追加。出産がいつなのか…それがより正確にわかるようになれば、農家の負担はさらに減り、出産の事故も減らすことができるというのだ。果たして、大きな課題を解決することはできるのか?

「稼げる農業」を実現!

減少の一途を辿る、日本の農業就業人口。若者の参入を増やすことが長年の課題だ。そんな中、ITやドローンの技術を駆使し、農業の技術革新に挑んでいるのが、ベンチャーのオプティム。目指すは、農業の効率化による、2割の労働時間削減、3割の売上増…「稼げる農業」の実現だ。そのひとつが、ドローンによる農薬散布。ドローンから送られる空撮画像からAIが虫食いを検知、その場所にピンポイントで農薬を散布し、害虫駆除を行うというもの。これにより、農家の負担を大幅に減らすことができ、「低農薬」栽培も可能に。また、こうして育てたものを「スマート野菜」として「食の安全」に関心の高い人々にアピールしていく戦略も。一方で、スマートグラス等のウェアラブル端末も活用し、農業未経験者の技術支援も積極的に行っている。そうすることで、農業が直面している課題である「就農者の減少」「後継者不足」の解決も目指そうというのだ。しかし、今回、ドローンによる農薬散布を大豆農家で行ったところ、ある課題が…。果たして解決することはできるのか?

今週のピックアップ曲 ― あの場面でかかっていた名曲は何? ―

アーティスト Kira Fontana
曲名 Moments That Remind Us
アルバム 猫が教えてくれたこと

ご購入はこちらから(外部サイト)

本編12分37秒。 長時間過酷な環境で働いている畜産農家。 畜産農家の苦労を減らそうと、清家さんは、牛の動きを感知して牛の状態を見る事が出来る、U-motionというセンサーが開発した。 こシーンで使用している曲は「Moments That Remind Us」 Kira Fontanaによるサウンドトラック「猫が教えてくれたこと」に収録されている。

ピックアップ曲一覧へ

キーワードで読む ガイアの夜明け

番組テーマに関連したキーワードについて多角的に解説し、番組への理解をより一層深めます。

日経スペシャル ガイアの夜明け 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳細はこちら

  • 「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」サウンドトラック盤『Phoenix2』好評発売中!
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿

ガイアの夜明け 公式アカウントはこちら

ご注意下さい

最近、「ガイアの夜明け」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「ガイアの夜明け」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。